ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 74歳の女優ユン・ヨジョン、アカデミー賞にノミネート。韓国の芸能ニュース
KONEST

74歳の女優ユン・ヨジョン、アカデミー賞にノミネート

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
74歳の女優ユン・ヨジョンが韓国映画史を書き直した。翌月25日に開かれる第93回アカデミー授賞式で在米韓国人2世のチョン・イサク(リー・アイザック・チョン、43)監督の映画『ミナリ(MINARI)』で助演女優賞にノミネートされた。韓国女優としては初めてだ。15日(現地時間)、アカデミー賞を主管する米国映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が発表した候補リストに『ミナリ』は作品賞・主演男優賞(スティーヴン・ユァン)・監督賞・脚本賞(以上チョン・イサク)・音楽賞(エミール・モッセリ)など計6部門にノミネートされた。

『ミナリ』は1980年代米国アーカンソー州へ移住した30代若夫婦が農場を作ってアメリカンドリームを夢見る話だ。この映画でユン・ヨジョンは他国へ移住した娘モニカ(ハン・イェリ扮)を助けるために異国の土地にミナリ(セリ)の種を持って行ったスンジャ役を演じた。彼女の婿であるジェイコブ役をを演じた俳優スティーヴン・ユァン(38)もアジア系米国人最初の主演男優賞候補になった。韓国語が80%以上となっている映画に韓国系俳優を多く起用し、叙情的な映像で表わしたチョン・イサク監督は昨年ポン・ジュノ監督に続いて監督・脚本賞を同時に狙うことになった。

これで昨年アカデミー4冠に輝いた映画『パラサイト 半地下の家族』(監督ポン・ジュノ)に続き、2年連続で韓国系監督・俳優がアカデミー授賞式のスポットライトを浴びることになった。ユン・ヨジョンと女優ハン・イェリはもちろん、1978年米国で生まれた移民2世のチョン監督、スティーヴン・ユァン、子役俳優のアラン・キムとノエル・ケイト・チョは全員韓国系だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2021年03月16日 07:18
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
マスク義務解除初日 顔に慣れない
トゥワイスK-POP初 米で受賞へ
ル セラフィム 日本オリコン1位
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
ジンエアーが四半期ベースで黒字に
BTS「IDOL」日本プラチナ達成
マスク着用完全解除「5月ごろ」か
済州四・三事件 日本在住者も調査へ
2月からタクシー初乗り料金値上げ
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]