韓国旅行「コネスト」 少しずつ見え始めた コロナ禍での韓国の電子渡航認証システム。韓国の旅行ニュース
KONEST

少しずつ見え始めた コロナ禍での韓国の電子渡航認証システム

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
先日、制度開始予定であることが伝えられ韓国旅行を渇望する人たちの間で話題となっていた韓国の「電子渡航認証制度(ETA)」について新しい情報が発表された。

3月11日、法務部は報道資料を通してかねてから準備を進めていた電子渡航認証制度の現時点での計画などについて新たな情報をリリースした。

今回明らかになった主な情報は以下の3点である。


1.2021年5月~8月にテスト施行段階を踏む

2.2021年9月より本格的に制度施行

3.但し、コロナウイルスの状況を顧みて、対象を現在「ビザ無し入国」が可能な21ヵ国の国民および「ビザ無し入国」が暫定的に停止された91ヵ国の国民のうち「企業人などの優先入国対象者」として施行する予定


3については日本も『「ビザ無し入国」が暫定的に停止された91ヵ国』に含まれる。
つまりコロナウイルスの影響による往来の制限が現在のまま続く場合、段階的に制限措置が緩和されていくという前提で、まずはいわゆる「ビジネストラック」と呼ばれるビジネス目的の入国者を対象にして電子渡航認証制度が適用されるようになるという事だと考えられる。

多くの韓国旅行を考える日本人旅行者にとっては、未だにいつ韓国に行けるようになるのか状況がはっきりしないわけだが、電子渡航認証制度についてももう少しワクチンの接種や感染を含めたコロナウイルスの状況を見守る必要があるようだ。

詳細はコネスト紹介の「韓国の電子渡航認証システム(ETA)」の記事を参考にしてほしい。
COPYRIGHTⓒ konest  2021年03月15日 18:00
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
aespaが5月に新譜リリース
「アナザースカイ」花村想太 編
東方神起アジアツアーが閉幕
アイリットデビュー曲再生1億回突破
セブチベストアルバム予約300万枚
韓国「カンブチキン」が日本初上陸
ロッテ百貨店蚕室店でAI通訳開始
オリコン令和ランキングBTSが1位
政府と医師側の対立が長期化
尹大統領の支持率32.3%で低水準
週間アクセスランキング
「涙の女王」の「龍頭里」ってどこ?
24.04.16
韓国・ソウル駅で列車の衝突事故
24.04.18
日本人に人気の明洞屋台グルメは?
24.04.17
宮脇咲良 舞台の酷評について心境
24.04.16
日本の地震に韓国でも届出140件
24.04.18
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]