韓国旅行「コネスト」 新都市開発巡る土地の不正購入疑い 公社職員20人を確認。韓国の政治ニュース
KONEST

新都市開発巡る土地の不正購入疑い 公社職員20人を確認

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】宅地開発などを手がける公共機関、韓国土地住宅公社(LH)の職員らが新都市に指定される前の地域の土地を投機目的で不正に購入したとされる疑惑を巡り、同公社と国土交通部の全職員を対象に調査を行った結果、計20人が不正を働いていた疑いがあることが確認された。 

丁世均(チョン・セギュン)首相が11日に発表した政府合同調査団による1回目の調査結果によると、調査は両機関の全職員1万4348人のうち、情報提供同意書を提出した1万4319人を対象に行われた。

 不正を働いていた疑いのある20人は全員がLHの職員で、合同調査団はこの20人について、政府合同特別捜査本部に捜査を依頼する方針だ。 

 また京畿道や仁川市など地方自治体の関連業務担当者、地方公営企業の全職員を対象に2回目の調査を実施する予定だ。 

 丁氏は「政府は自分の懐を肥やした公的機関の職員による犯罪を絶対に許さない」とし、「政府はすべての疑いについて、しらみつぶしに隅々まで探し、わずかな疑惑も残さない」と強調した。また「調査結果が出れば直ちに捜査を依頼する」とし、「調査が進むにつれ、調査対象地域も拡大する」と述べた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年03月11日 19:37
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ジェニー、ジョングク米チャートイン
復帰期限迫るも研修医の離脱者減らず
韓国の少子化加速で出生率0.72
1月の訪韓外国人客が前年2倍に
映画「破墓」動員数300万人突破
ル セラフィム新譜が売上100万枚
サムスン新型スマホ100万台突破
クーパン2023年通期で初の黒字化
医療現場の混乱に「法的対応」本格化
韓国アイドルの髪の毛オークションに
週間アクセスランキング
俳優チョ・インソン詐欺に注意
24.02.22
TWICEミナが投票1位
24.02.23
歌手ソン・シギョン、マッコリ発売
24.02.22
医療混乱、警戒レベル「深刻」発令
24.02.23
ロッテグループ日本でヘルスケア事業
24.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]