ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 「加害と被害曖昧」…APRIL所属事務所、いじめ論争で元メンバーに法的対応。韓国の芸能ニュース
KONEST

「加害と被害曖昧」…APRIL所属事務所、いじめ論争で元メンバーに法的対応

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「メンバー間のいじめ」の論が行われたことをガールズグループAPRIL(エイプリル)の所属事務所DSPメディアが、被害を主張した元メンバーのイ・ヒョンジュ側を相手に法的対応に出た。イ・ヒョンジュ側がメンバーからいじめを受けたと強く主張し続けてきたが、「加害者と被害者を分けることができない状況」という理由からだ。

DSPメディアは3日、「わずかな対話さえ続けることができない状況」とし、「イ・ヒョンジュだけでなく、イ・ヒョンジュの家族や知人だと主張し、オンライン・コミュニティに投稿したすべての人に対し、民事・刑事上の強力な法的対応を取る」と発表した。

DSPメディアは「所属アーティストに対する義務を果たすために2度にわたりイ・ヒョンジュと母親と面談した」とし「この席でイ・ヒョンジュが本人だけが被害を受けたと主張し、一方的で事実と異なるコメント発表を要求した」と述べた。また「イ・ヒョンジュの弟という人物が3日、再び一方的な文章を投稿し、対話を続けることができない状況になった」と付け加えた。

APRILから2016年に脱退したイ・ヒョンジュの弟を名乗るネットユーザーが、イ・ヒョンジュがグループ内で嫌がらせと仲間外れに遭ったという文章をオンライン・コミュニティに投稿し、波紋が広がった。DSPメディアはイ・ヒョンジュが体力的、精神的問題でグループ活動に誠実に参加できなかったため摩擦が生じ、加害者と被害者を分けることができない状況だったと反論した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2021年03月03日 14:40
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中国人へのビザ発給制限 早期解除を
未成年の酒接待 日本アニメ行政指導
日本人初 インスタ1000万人突破
孫興ミン「アジアバロンドール」受賞
韓国文化財登録の花瓶 日本製だった
外国人の「爆買い」復活へ=韓国
韓国大田市 清州~札幌間路線を提案
韓日関係 「過去に執着せず未来へ」
SMエンタ 創業者の体制転換
新韓銀行の頭取 就任1カ月で辞意
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
SMエンタ プロデュース体制転換
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]