ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 「李秀賢さんが生きていたらどの分野でも第一人者になっていた」 事故から20年…韓日両国で追悼式。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「李秀賢さんが生きていたらどの分野でも第一人者になっていた」 事故から20年…韓日両国で追悼式

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
酔っぱらって線路に落ちた男性を助けようとして命を失った「美しい青年」李秀賢さん(当時26歳)の20回目の追悼式が26日、東京新大久保で開かれた。2001年1月26日午後7時15分。ネットカフェでのアルバイトを終えて帰宅途中だった李さんは、線路に男性が転落したところを見て、男性を助けようと線路に飛び降りた。だが、ホームに入ってくる列車を避けることができなかった李さんと男性は命を失った。このとき、一緒に男性を助けようとした日本人カメラマンの関根史郎さんも犠牲になった。当時、李さんの義に徹した行動は韓国と日本の友好の象徴として両国国民に深い感動を与えた。

今年、事故から20年を迎え、韓日民間団体は共同で追悼行事を準備した。李さんが通っていた赤門会日本語学校の新井時賛理事長は「彼が生きていたら46歳だった。どの分野に進んでも間違いなく韓日の第一人者として活躍していただろう」と話した。李さんの犠牲精神を賛えるために2002年に設立された「LSHアジア奨学会」は、今年でその恩恵を受けた学生が1000人を超える。LSH奨学会関係者は「毎月少ない額でも20年間寄付してくる日本人たちが多い」と紹介した。

毎年献花式と奨学金授与式に出席してきた李さんの母親・辛潤賛(シン・ユンチャン)さんは映像メッセージで感謝を伝えた。辛さんは「もう20年が経ったが、変わりなく暖かい愛を送ってくれた皆さんのおかげで、悲しみを越えることができた」としながら「奨学会を通じて希望と勇気を得て日本のことをさらに知るようになった」と明らかにした。

この日、李さんの故郷である釜山(プサン)でも韓日合同追悼式が開かれた。行事には辛さんら遺族と丸山浩平・駐釜山日本総領事らが出席した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2021年01月27日 08:01
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ロッテ会長 韓国ユニクロ取締役辞任
TWICE日本メンバーユニット結成
世界くらべてみたらの紹介店はどこ?
ユ・アイン プロポフォール投与か?
AIで、韓国翻訳賞を受賞した日本人
尹大統領 前政権の防衛政策批判
SMエンタ創業者 腕を骨折し入院中
アップルペイ 韓国でサービス開始へ
日本データ会社 韓国代表攻略法提示
トルコ南東部「特別旅行注意報」発令
週間アクセスランキング
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
日本人初 インスタ1000万人突破
23.02.07
SMエンタ プロデュース体制転換
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]