ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 韓国・国立中央博物館 一新された日本室などオープン。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国・国立中央博物館 一新された日本室などオープン

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の国立中央博物館(ソウル市竜山区)は25日、「世界文化館」の造成事業が完了し、世界陶磁室が新設され、リニューアルされた日本室がオープンしたと発表した。

 世界のさまざまな文化に触れることができる「世界文化館」は「アジア館」にあった中央アジア室、インド・東南アジア室、中国室をリニューアルし、エジプト室を加え2019年12月にオープン。これまで造成事業が続いていた。

 今回加わった世界陶磁室は陶磁器をテーマに世界の多様な文化が交わる様相を見せる。

 中国や日本から輸入した陶磁器をもとに欧州地域で作られた陶磁器などを通じて東西の交流の様子を確認することができる。

 オランダの国立陶磁器博物館やフローニンゲン美術館から貸し出された陶磁器113点も展示されている。

 日本室は武士に焦点を合わせ内容と施設を大幅に改めた。刀や鎧(よろい)、兜(かぶと)、武士階級の後援で発展した能、武士の美学を反映した茶道、武士階級の女性が嫁ぎ先に持参した蒔絵(まきえ)などを展示する。

 来場者が楽しめるようにデジタルコンテンツも用意された。陶磁器貿易や日本の歴史を地図上で見られるようにしたほか、東洋の陶磁器が欧州に及ぼした影響などを観察することができる。

 また日本の茶室を再現し、映像や照明を使って庭園のある茶室にいるような効果を作り出した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年01月25日 15:54
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
南北統一の重要性も強調=尹大統領
国民年金 2055年に積立金枯渇
乳幼児コロナワクチン接種 来月開始
中国人向け短期ビザ発給制限延長
ブラックピンク ギネス世界記録認定
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
韓国、昨年11月出生児数2万人割れ
東京で義人李秀賢さん22周忌追悼式
東方神起 来月誕生日パーティー開催
SHINeeオンユ 東京コンサート
週間アクセスランキング
ソウルの最低気温氷点下16.4℃
23.01.24
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
旧正月・中秋節ストレス要因1位は?
23.01.22
昨年12月訪韓外国人日本人が最多
23.01.22
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]