韓国旅行「コネスト」 <大リーグ>柳賢振がウォーレン・スパーン賞…アジア選手で初めて。韓国のスポーツニュース
KONEST

<大リーグ>柳賢振がウォーレン・スパーン賞…アジア選手で初めて

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
トロント・ブルージェイズの柳賢振(リュ・ヒョンジン、33)がメジャーリーグ(MLB)の最高左腕投手に授与される「ウォーレン・スパーン賞」に選ばれた。アジア選手では初めてとなる。

ウォーレン・スパーン賞選定委員会は22日(日本時間)、今年の受賞者を発表し、「トロントで最初のシーズンを送った柳賢振は、新型コロナによる短縮シーズンの状況でも圧倒的な活躍を見せた。規定イニングを満たしたMLB左腕投手のうち勝利3位、奪三振2位、防御率2位だった」と選定の理由を説明した。

同賞はMLBの伝説的な左腕投手、故ウォーレン・スパーンにちなんで作られた。スパーンは歴代MLB左腕投手の最多勝(363勝)記録を保持し、殿堂入りしている。オクラホマ・スポーツ博物館は1999年からウォーレン・スパーン賞選定委を構成し、毎年受賞者を発表している。昨年までリーグの最高左腕投手21人がトロフィーを握った。

柳賢振はアジア選手では史上初めてウォーレン・スパーン賞の主人公になった。昨季MLBで防御率1位だった柳賢振は、トロント移籍初年の今季12試合に登板し、5勝2敗、防御率2.69と活躍した。下位圏チームだったトロントをポストシーズンに導き、アメリカンリーグのサイ・ヤング賞投票で3位になった。

ウォーレン・スパーン賞に最も多く選ばれた投手は、4回受賞のランディ・ジョンソン(1999-2002)とクレイトン・カーショー(2011、13、14、17年)。このほかCCサバシア(3回)、 ヨハン・サンタナ(2回)、アンディ・ペティット、ドントレル・ウィリス、デビッド・プライス、ダラス・カイケル、ジョン・レスター、 ブレイク・スネル、パトリック・コービンらが受賞している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年12月22日 11:40
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者392人
ヒョンビン、イェジンに謝辞スピーチ
ワクチン接種計画を今月末に発表
歌手ヒョナ 28日にミニアルバム
文大統領の支持率 37%で最低更新
キム・ミョンス来月ファンミ開催
ヒョンビン映画続編来月クランクイン
済州島 日中とオンラインで交流
高級ブランド品切れ コロナ渦の消費
イ・ヨンエ、4年ぶりドラマでカムバ
週間アクセスランキング
女優パク・シヨンが飲酒運転で逮捕
21.01.20
高級ブランド品切れ コロナ渦の消費
21.01.21
韓国初モンスタードラマに注目集まる
21.01.20
イ・ヨンエ、4年ぶりドラマでカムバ
21.01.21
グンちゃんの母、脱税の罪で執行猶予
21.01.19
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]