韓国旅行「コネスト」 新型コロナワクチンの原料もマイナス60度で…大韓航空、韓国で初の輸送。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

新型コロナワクチンの原料もマイナス60度で…大韓航空、韓国で初の輸送

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
大韓航空が韓国で最初に新型コロナウイルスワクチンの原料を海外に輸送した。

大韓航空は9日、仁川(インチョン)を8日に出発したオランダ・アムステルダム行き旅客便のKE925便でコンテナとドライアイスを含むコロナワクチン原料約800キログラムを輸送したと明らかにした。

今回大韓航空が輸送したワクチン原料は韓国企業で生産され、マイナス60度以下の冷凍状態で最終目的地である欧州のワクチン生産工場まで運ばれる。

新型コロナウイルスワクチンの運送には製品ごとの特性によりマイナス60度以下の超低温状態とマイナス20度以下の冷凍、2~8度の冷蔵など、個別の温度を提供する低温流通システム「コールドチェーン」が必須だ。

今回の輸送には208キログラムのドライアイスと別途の電源装置がなくてもマイナス60度以下の温度を120時間以上維持できる特殊容器が使われた。

このため大韓航空は9月から貨物営業と特殊貨物運送専門家で構成されたコロナワクチン輸送特別作業班を構成し、ワクチンの種類による保管温度確認体系と運送時に必要な装備などを確保し、ワクチンの出発・到着・経由地点の必要施設点検と専用スペース拡大などコロナワクチンの超低温冷凍輸送に備えてきた。

特に冷凍輸送に使われるドライアイスは航空機の機種により搭載可能な総量が厳格に制限されており、国土交通部と大韓航空は航空機メーカーと技術資料を検討し航空機1便当たりのワクチン輸送量を増大できるよう準備した。

これに先立ち大韓航空は昨年6月には国際航空運送協会(IATA)からコロナワクチンを含む医薬品の航空運送専門性と優秀性を証明する医薬品運送サービス品質認証(CEIVPharma)を取得している。

大韓航空関係者は「今後急増が予想される新型コロナウイルスワクチンの輸送に備え必要な航空機スケジュールをあらかじめ確保する。コールドチェーン物流の全過程で最上のサービスを提供できるよう徹底的に準備する方針だ」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年12月09日 11:45
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ポン・ジュノ監督、米憎悪犯罪に言及
サムスン電子が大規模な中途採用実施
BTS日本曲ビルボードチャート入り
JYPが手がけるITZYの新曲
韓国の新規コロナ感染者731人
失業率悪化も、就業者数はプラスに
韓国女子サッカー東京五輪出場ならず
ソウル市長 政府と異なる防疫措置
スター着用衣装など 韓服展示会開催
ユン・ヨジョン、授賞式前に思い語る
週間アクセスランキング
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]