ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 全斗煥元大統領に30日判決 光州事件に絡む名誉毀損。韓国の政治ニュース
KONEST

全斗煥元大統領に30日判決 光州事件に絡む名誉毀損

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【光州聯合ニュース】韓国軍が市民らの民主化要求行動を弾圧した1980年の5・18民主化運動(光州事件)の際、軍がヘリコプターから市民に射撃したと証言した故人をうそつき呼ばわりしたとして死者に対する名誉毀損(きそん)の罪に問われた元大統領の全斗煥(チョン・ドゥファン)被告に対し、光州地裁が30日午後、判決を言い渡す。

全氏は2017年に出版した回顧録で、光州事件当時の軍のヘリコプターからの射撃について証言した故チョ・ビオ神父を「聖職者という言葉が意味をなさないほど破廉恥なうそつき」と非難し、18年5月に在宅起訴された。

 死者名誉毀損罪は虚偽事実で故人の名誉を毀損したことが認められなければならないため、これまで裁判ではヘリからの射撃の有無が主な争点となった。

 アルツハイマー型認知症を患っているとされる全被告は今年4月の公判で 「私の知っている限り、ヘリから射撃した事実はない」と述べ、起訴事実を否認した。

 検察は目撃者の証言、国防部の5・18特別調査委員会の調査結果、光州で事件当時最も高かったビルに残された弾痕に関する国立科学捜査研究院の鑑定結果、在韓米国大使館の秘密文書などに基づき、ヘリからの射撃が実際にあり、全被告がチョ氏の名誉を毀損したと判断した。

 全被告の弁護人は「ヘリからの射撃があったなら市民が目撃したはずだ。真昼に起きた事件の証拠が山ほどなければならないが客観的証拠が見つからない。ヘリ射撃説は非理性的社会が作り出した虚構だ」と反論した。

 死者名誉毀損罪の法定刑は2年以下の懲役、禁錮または500万ウォン(約47万円)以下の罰金刑で、検察側は先月、懲役1年6カ月を求刑した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年11月29日 11:09
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
釜山市 日本で30年万博誘致活動
TXT新アルバム 200万枚突破
「ガルプラ」男性版 今晩から放送
ギャラクシーS23の強化ポイント
チェジュ航空 松山・静岡線再開
ニュージーンズ 韓国チャート独占
江南都心空港ターミナルが閉業
1月の消費者物価上層率5.2%
ストレイキッズ 仏音楽祭に出演
BTS 米キッズ・アワード候補に
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
23.01.31
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
23.01.31
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]