韓国旅行「コネスト」 昨年の酒類輸入が10年ぶり減少 日本製品の不買運動影響。韓国の経済ニュース
KONEST

昨年の酒類輸入が10年ぶり減少 日本製品の不買運動影響

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の昨年の酒類輸入が10年ぶりに減少したことが、16日分かった。韓国国税庁と酒類業界によると、昨年の輸入酒類の出荷量は計46万6000キロリットルで前年比6.0%減少した。輸入酒類の出荷量が減少したのは、リーマン・ショック直後の2009年以来10年ぶり。

輸入酒類市場はこれまで、最も大きな割合を占めるビールを中心に成長を続けてきた。

 輸入酒類の出荷量は、09年の11万4000キロリットルから18年には49万5000キロリットルへと336.6%増加。同期間の輸入ビールの出荷量は、4万1000キロリットルから39万キロリットルへと853.1%増加した。

 輸入ビールは種類が豊富で、原産国との自由貿易協定(FTA)締結により関税率が下がり、価格競争力が高まった。一部の輸入ビールはコンビニエンスストアなどで4~5缶が1万ウォン(約940円)で売られている。

 だが、昨年は輸入ビールの成長の勢いにブレーキがかかり、輸入酒類全体の出荷量も減少に転じた。昨年の輸入ビールの出荷量は35万6000キロリットルで、前年比8.7%減少した。

 日本が昨年7月に韓国に対する輸出規制に踏み切ったことで、韓国では日本製品の不買運動が起こり、人気が高かった日本のビールもそっぽを向かれた。

 不買運動の前にはアサヒ、キリン、サッポロなど日本のビールが売り上げ上位に入っていたが、現在は青島、ハイネケン、ヒューガルテンなど中国や欧州のビールにその座を奪われた。

 酒類業界の関係者は「昨年にビール全体の輸入が減少したのは、日本ビールの不買運動の影響とみざるを得ない」とし、「売り上げ上位を占めていた日本のビールが圏外に押し出された」と説明した。

 輸入酒類のうちビールの次に割合が高いウイスキーは、昨年も減少傾向が続いた。昨年の輸入ウイスキーの出荷量は1万2000キロリットルで、前年比15.6%減少した。10年から9年連続の減少。

 16年の不正請託禁止法、18年の週52時間勤務制の施行などで遊興店(接待を伴う飲食店)での需要が減少し、夜の会食やアルコール度数の高い酒を控える雰囲気が広がったことでウイスキー業界は打撃を受けた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年11月16日 09:51
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]