韓国旅行「コネスト」 韓国求職者、就職難に借金も増えて二重苦。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国求職者、就職難に借金も増えて二重苦

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の余波で就職市場が冷え込んでいる中、求職者の借金は大きく増えたことが分かった。一言で二重苦だ。求人・求職プラットホーム「サラムイン」は16日、求職者1989人を対象に「負債現状」を調査して発表した。調査結果、回答者の33.8%が借金を持っており、彼らが持つ負債は平均3019万ウォンだった。昨年(2261万ウォン)より758万ウォン(33.5%)が増加した数値だ。

求職者が借金を主に使った内訳は「交通費、食費など生活費」(37.5%、複数回答)が最も多かった。この他に「授業料など学費」(32.4%)、「部屋の家賃」(27.7%)、「個人のお小遣」(11%)、「塾の受講など就職準備費用」(8.6%)などがあった。

借金を借りたところは「第1金融圏(銀行)の融資」が42%(複数回答)で1位だった。次に「政府融資」(32.7%)、「第2金融圏(貯蓄銀行など)の融資」(17.9%)、「家族、親戚に借りた」(11.2%)、「クレジットカードの現金サービス」(8.8%)などの順だった。

借金の存在は求職活動にも悪影響を与えるといった。回答者は「(負債による)不安感などで頻繁に憂鬱感を感じる」(40.3%、複数回答)を第一に選んだ。また「就職自信が失われた」(30.1%)、「早く就職するために条件を問わず志願する傾向の増加」(30.1%)、「年収など処遇条件を優先にして進路決定」(23.8%)、「支出負担で準備困難」(18.2%)などを悪影響に選んだ。

だが、借金を返す方法は依然として難しいのが現状だ。求職者は借金償還方法(複数回答)で「就職後月収」(65.5%)を挙げたが、新型肺炎で就職市場が冷え込んだからだ。この他に「アルバイトなど非定期的な収入」(26.8%)、「また他の融資で一時凌ぎ」(8%)、「積立金など貯めておいた大金」(7%)などが主な償還方法に選ばれた。さらに、回答者の6.7%は「まず相当期間返さない」と答えた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年11月16日 10:28
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
新規コロナ感染者数406人
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
大型アップルストア汝矣島にオープン
T-ARAジヨン殺害脅迫受け捜査求
元X1スンヨン、自作曲で来月カムバ
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]