韓国旅行「コネスト」 サムスンのスマートフォン、米国で1位…13四半期ぶりにアップルをリード。韓国の経済ニュース
KONEST

サムスンのスマートフォン、米国で1位…13四半期ぶりにアップルをリード

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
サムスン電子が今年7-9月期に米国スマートフォン市場でアップルを抜いてシェア1位を占めた。13四半期ぶりだ。

9日、市場調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、サムスン電子の7-9月期における米国スマートフォン市場シェアは33.7%となった。アップルは30.2%で2位にのぼった。また、LGエレクトロニクス(3位・14.7%)とレノボ-モトローラ(4位・8.4%)の順だ。

サムスン電子が米国市場でアップルをリードしたのは2017年4-6月期(33.9%)以降初めてだ。アップルは一時最大2倍に達するほどサムスン電子との格差を広げた。昨年10-12月期のサムスン電子のシェアは21.6%に過ぎなかったが、アップルは47.9%となってここ3年間最も大きな格差が広がったりもした。

これはアップルがコロナ禍の影響で部品需給に支障をきたし、新しいスマートフォン「iPhone12」シリーズの発売が例年より1カ月ほど遅れた影響を受けたと分析される。反面、サムスンは今年8月発売した「Galaxy Note 20」と9月発売した「Galaxy Z Fold2」など戦略スマートフォンを米国で成功的に発売し、「A51」など中低価格スマートフォンの販売量を大きく増やした。だが、iPhone12シリーズ一部のモデル(Pro Max)が供給不足が現れるほど人気を呼んでおり、アップルは10-12月期に再び1位を奪還する可能性が大きいという見方が多い。

全世界市場ではサムスン電子が依然として1位の座を守った。今年7-9月期のサムスン電子の全世界出荷量は昨年同期(7820万台)より3%増えた8040万台で、市場シェアは21.9%を記録した。2位はファーウェイ(華為技術)で14.1%だ。ファーウェイが米国の制裁を受け、両社のシェアの格差は引き続き広がっている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年11月10日 10:03
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスントップの赦免請願広がる
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
週間アクセスランキング
電子渡航認証制度のサイトがオープン
21.04.23
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]