韓国旅行「コネスト」 韓国消防庁、1925年製造の日本製消防サイレンを発見…機械式警報装置の始祖。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国消防庁、1925年製造の日本製消防サイレンを発見…機械式警報装置の始祖

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国にある最も古い消防サイレンは1925年の日本製品と明らかになった。

韓国消防庁は22日、忠清南道(チュンチョンナムド)の保寧(ポリョン)消防署青所面(チョンソミョン)義勇消防隊が保存している1925年6月14日製造の日本電気鉄工株式会社製品を見つけたと明らかにした。このサイレンは電気モーターで駆動する方式で、韓国に設置された機械式警報装置の始祖とみられる。

火災が発生した際に消防隊を招集するため警報を鳴らすのは朝鮮時代からあった。鐘楼で火災を監視し、煙を見つけたら大きな鐘を打って知らせる方式だった。こうした打鐘方式は日帝強占期初期まで続いた。

消防サイレンが韓国に初めて導入されたのは1924年3月で、当時の南大門(ナムデムン)消防所の望楼に設置された。その後全国の邑(ウプ)・面(ミョン)単位まで順次拡大したが、1970年に民防衛警報端末事業が推進され自然に姿を消していった。だが一部邑面地域では1990年代にも火災や水害などの災害発生を知らせたり義勇消防隊を招集する用途で使われたと消防庁は説明した。消防庁のチョ・ソンホ報道官は「近代消防遺物の保存・管理体系をまとめ、消防安全文化史に対する学術研究活動を強化していく計画」と明らかにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年10月22日 18:04
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
ポン・ジュノ監督、米憎悪犯罪に言及
サムスン電子が大規模な中途採用実施
BTS日本曲ビルボードチャート入り
JYPが手がけるITZYの新曲
韓国の新規コロナ感染者731人
失業率悪化も、就業者数はプラスに
ユン・ヨジョン、授賞式前に思い語る
週間アクセスランキング
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
歌手オ・ジョンヒョク、12日に結婚
21.04.08
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]