韓国旅行「コネスト」 ワーナーブラザーズ、韓国映画の新規制作・投資事業から撤退。韓国の芸能ニュース
KONEST

ワーナーブラザーズ、韓国映画の新規制作・投資事業から撤退

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国映画の制作・投資に参入したハリウッドのメジャースタジオ、ワーナーブラザーズが韓国映画事業から撤退する。

ワーナーブラザーズ・コリア関係者は23日、「韓国映画に対する新規投資はすでに中断された。現在公開準備と撮影が進行中の映画までで終わらせる計画」と明らかにした。

キム・ヘス主演の『私が死んだ日』と、ハン・ジミン、ナム・ジュヒョクが主演した『ジョゼ』は11月の公開を控えている。現在撮影が追い込みに入っているイ・ハヌィとコンミョン主演の『すごいロマンス』は来年公開される予定だ。

これに先立ち2016年にワーナーブラザーズは初の韓国映画『密偵』(キム・ジウン監督)が750万人の観客を動員して好調な滑り出しを見せたが、『シングルライダー』(イ・ジュヨン監督)、『V.I.P.修羅の獣たち』(パク・フンジョン監督)、『人狼』(キム・ジウン監督)などが相次ぎ興行に失敗した。

その後2018年にパク・フンジョン監督の『魔女』が318万人動員で期待以上の成績を収めシリーズ化に対する期待を高めたが、『魔女2』の制作はすでに白紙化された状況だ。

一方、20世紀フォックス・コリアもやはり2016年の『哭声』(ナ・ホンジン監督)と2017年の『代立軍/ウォリアーズ・オブ・ドーン』(チョン・ユンチョル監督)の後に本社がディズニーと合併し韓国映画の制作を中断している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年09月24日 09:37
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
感染者急増 今月最多の121人
ブルピン MV最短で6億再生突破
ネットフリックス日韓で加入者増
釜山国際映画祭が開幕30日まで
俳優アン・ソンギ、健康異常で入院中
韓国ロッテ会長長男、日本ロッテ入社
夫婦喧嘩でお札ばらまき無事戻る
LGから世界初の巻き取り型テレビ
TWICE20日でデビュー5周年
週間アクセスランキング
梨泰院クラス女優が韓服広報大使...
20.10.16
特別旅行注意報を再延長
20.10.16
韓国ロッテ会長長男、日本ロッテ...
20.10.20
韓国1位出前アプリが日本進出へ
20.10.20
俳優アン・ソンギ、健康異常で入...
20.10.21
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]