韓国旅行「コネスト」 ツイッター、10年間のデータ分析…防弾少年団、ここ1年間最も多く言及されたK-POPスター。韓国の芸能ニュース
KONEST

ツイッター、10年間のデータ分析…防弾少年団、ここ1年間最も多く言及されたK-POPスター

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
防弾少年団がツイッターでここ1年間最も多く言及されたスターに選ばれた。

ツイッターが音楽スタートアップ「SPACE ODDITY」の「K-POPレーダー」とともに過去10年間全世界ツイッターで発生したK-POPデータを分析して「#KpopTwitter 2020ワールドマップ」を発表した。ツイッターが初めて公開する#KpopTwitter 2020ワールドマップは2010年7月1日から2020年6月30日まで10年間ツイッター上のK-POP関連キーワードを分析したもので、過去10年間のK-POP対話数の変化、K-POP関連ツイート数が多い国、各国別人気アーティスト情報などが含まれている。まず、2010年、2015年、2020年のK-POP対話数のインフォグラフィックを通じてK-POPの世界拡散の過程とK-POPとツイッターがともに成長した過程をひと目で確認することができる。対話数の成長曲線では年度別人気アーティストの情報を確認することができる。K-POP関連対話数が急激に増加した時期は2016年下半期と2017年上半期の間で、2017年下半期から2018年上半期の間の区間で最も急な上昇ぶりを見せた。

2017年5月防弾少年団がビルボードのトップソーシャルアーティスト部門で初めて受賞して世界的に注目を集め、同年11月13日フォロワー1000万を記録して話題を集めた。また、2017年7月8日EXOがツイッターの公式アカウントをローンチして『Ko Ko Bap』を発表し、2017年全世界で最も多く言及された曲1位を占めた。2017年を前後にGOT7、SEVENTEEN(セブンティーン)、BLACKPINK(ブラックピンク)、Wanna One(ワナワン)、NCT 127など多数のK-POPアーティストがツイッターを通じて全世界のK-POPファンたちと疎通し、K-POPをツイッター内の最も注目されるジャンルにけん引した。特に、防弾少年団は2016年、2017年、2019年、2020年4回ツイート数基準で1位を占め、GOT7は2014年デビュー年から2020年まで7年連続で3位入りを果たして着実に世界的な人気を享受してきた。

最近1年間全世界で最も多く言及されたK-POPアーティストは防弾少年団が占めた。防弾少年団は今回順位が公開された20カ国の中でGOT7が1位にのぼったタイを除いた19カ国で最も多く言及されたアーティスト1位となった。K-POP関連ツイート数が多い20カ国の人気アーティスト5位までをワールドマップインフォグラフィックで確認することができる。

東方神起は日本で2位にのぼり、SUPER JUNIORがサウジアラビアで3位、メキシコで4位となり第3世代が世界進出を加速化しているなか、第2世代のK-POPアイドルグループとして世界的な人気を持続的に得ていることが分かった。

K-POPアーティストランキングでは、1位の防弾少年団の後に続いてEXO、GOT7、BLACKPINK、NCT 127、Monsta X、SEVENTEEN、NCT DREAM、TWICE、Stray Kidsなどが入った。

特に、BLACKPINKは2020年6月26日ツイッターの公式アカウントをローンチして『How You Like That』を発表したが、調査期間(2019年7月1日~2020年6月30日)と重なる日が5日しかないことを考えると、ツイート数を基準に4位となったのはBLACKPINKの世界的な上昇の勢いを証明したと分析される。

K-POP関連の対話数と利用者が多い国家別ランキングも公開された。K-POPをツイートする利用者が最も多い国は米国が1位、日本と韓国がそれぞれ2位と3位を占めた。この他、インドネシアやフィリピン、タイ、ブラジル、マレーシア、メキシコ、アルゼンチンがTOP10に選ばれた。

ツイート数ではタイが1位で積極的なK-POPファンが多い国ということが分かり、韓国は2位、インドネシア、フィリピン、米国、ブラジル、マレーシア、日本、メキシコ、アルゼンチンが後に続いた。K-POPが韓国を越えてアジアだけでなく、アメリカ、南米、欧州、中東にまで広範にわたって広がっていることが分かる。

全世界で最も多く言及された曲1位はEXOの『Obsession』だった。防弾少年団の『ON』『Boy With Luv(Feat.Halsey)』『Black Swan』『Interlude:Shadow』など4曲は順にTOP5に入り、『DNA』が7位にのぼり計5曲がTOP10に選ばれた。また、SuperMの『Jopping』が6位、GOT7の『NOT BY THE MOON』が8位、BLACKPINKの『How You Like That』が9位、TWICEの『Feel Special』が10位となった。

ツイッターは昨年7月から今年6月まで1年間ツイート言及数が急増したK-POPアーティストを紹介する「ライジングK-POPアーティスト」もともに公開した。該当部門1位には1stリーパッケージアルバム『IN LIFE』を発売して活発に活動しているグループStray Kidsが選ばれた。Stray Kidsは全世界で最も多く言及されたK-POPアーティストのTOP10に入ったことに続き、ライジングK-POPアーティストにも選ばれた。

ATEEZ、Tomorrow x Together、IZ*ONE(アイズワン)、SuperM、AB6IX、威神V、CIX、今月の少女、ITZYなども高い成長率を見せて「ライジングK-POPアーティスト」に選ばれた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年09月22日 12:03
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
ポン・ジュノ監督、米憎悪犯罪に言及
サムスン電子が大規模な中途採用実施
BTS日本曲ビルボードチャート入り
JYPが手がけるITZYの新曲
韓国の新規コロナ感染者731人
失業率悪化も、就業者数はプラスに
ユン・ヨジョン、授賞式前に思い語る
週間アクセスランキング
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
歌手オ・ジョンヒョク、12日に結婚
21.04.08
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]