ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 残るコロナ感染拡大リスク 中秋節連休が分岐点=韓国政府。韓国の政治ニュース
KONEST

残るコロナ感染拡大リスク 中秋節連休が分岐点=韓国政府

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央事故収拾本部は21日の定例会見で、国民が積極的に新型コロナウイルス感染拡大防止のための「社会的距離の確保」に協力したため、新規感染者数が毎週減少する傾向にあるものの、感染経路が分からない感染者の割合が依然として高く、9月30日から10月4日にかけての秋夕(中秋節、今年は10月1日)の連休で人の移動が予想されるため拡大が続くリスクは残っていると指摘した。

先月23日から29日までの1週間と、今月13日から19日までの1週間を比較すると新規感染者数は1日平均331人から107.4人に減少した。首都圏は同期間253.9人から83.7人に減った。特に20日午前0時から21日午前0時までに首都圏で確認された新規感染者は50人以下となり、先月13日以来の低水準となった。

 中央事故収拾本部は「きょう発表した感染者数(70人)は先週末の効果が反映された部分がある」とし、安定するのかどうかを慎重に見極める必要があると説明した。

 また「先週の場合、感染経路を調査中の割合が20%台と高くなっており、防疫網内で管理できている割合も低い状況」とし、「安心するまでには一部リスク要因が残っている」と述べた。

 政府は特に今回の秋夕連休が秋季、冬季における感染拡大の有無を決める分岐点になると予想し、連休期間の防疫規則順守を徹底するよう呼び掛けた。

 政府は28日から10月11日までの2週間を「秋夕特別防疫期間」とし、対策を大幅に強化することを決めた。具体的な内容は25日に発表される。

 また秋夕連休期間の防疫や患者の治療に支障が出ないよう非常対応体制を維持する。 

 連休期間もウイルス検査や治療を受けられるよう検査のための診療所や病院、薬局、救急医療機関の情報を提供する一方、疾病管理庁の「1339コールセンター」を24時間体制で運営する。検疫にも常時対応できるよう、3交代制で勤務を行う。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年09月21日 15:41
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国最大野党代表 都市開発疑惑否認
新規コロナ感染者18,871人
EPIK HIGH2月にアルバム
1人当たりコメ消費量が過去最少
MOMOLAND事務所と契約終了
LG電子の22年売上高が過去最高
南北統一の重要性も強調=尹大統領
国民年金 2055年に積立金枯渇
乳幼児コロナワクチン接種 来月開始
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
週間アクセスランキング
ソウルの最低気温氷点下16.4℃
23.01.24
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
旧正月・中秋節ストレス要因1位は?
23.01.22
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]