韓国旅行「コネスト」 韓国首都圏、防疫第2段階に復帰…食堂の深夜営業再開。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国首都圏、防疫第2段階に復帰…食堂の深夜営業再開

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国政府が首都圏の「社会的距離の確保」第2.5段階を14日から2段階に緩和して2週間施行することにした。これを受け、最近2週間包装・配達だけが可能だった首都圏のフランチャイズカフェとベーカリーなどは店内での飲食が可能になり、食堂も夕方9時以降まで営業することができる。ネットカフェも未成年者の立入禁止を前提に開店させた。

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の一日新規感染者が依然として100人台となっており、感染経路が分からない患者も4人に1人で確認されているが、距離の確保強化措置が長期化する場合、零細自営業者の経済的被害がより大きくなりかねないという政策的判断が働いた。ただし、政府は秋夕(チュソク、中秋)連休が始まる28日から来月11日まで「特別防疫期間」に定めて防疫管理を強化する計画だ。

朴凌厚(パク・ヌンフ)中央災害安全対策本部第1次長(保健福祉部長官)は13日、中央防疫対策本部の定例記者会見で「首都圏の距離確保のレベルを第2段階に緩和して27日までに施行することにした」として「危険施設の防疫をより強化する精密な防疫措置も追加することにした」と話した。

これを受け、14日からフランチャイズ型カフェ、ベーカリー、アイスクリーム店などは店舗内営業が可能になる。ただし、テーブルの座席を空けて座り、テーブルとテーブルの間を空けて座ることにして人員を制限しなければならない。食堂は夕方9時以降にもお客さんを受けることができる。店内での飲食をする時は出入り者のリスト作成を義務付ける必要があるが、持ち帰り・出前の場合は作成しなくても良い。

中小型塾や読書室、スタディカフェ、室内体育施設もマスク着用と距離の確保の遵守を条件に運営を許容することにした。ネットカフェは高危険施設から解除されて開店することができる。ただ、▼未成年者の立入禁止▼座席と座席との間をあけて座ること▼食べ物の飲食禁止--などを義務的に守らなければならない。

既に実施されていた距離の確保の第2段階措置は27日までに維持される。室内50人以上、室外100人以上集合・集いは禁止され、クラブとキャバクラなどの風俗店、訪問販売業など従来11種の高危険施設に対しては集合禁止命令が維持される。

また、教会は非対面礼拝を原則とする一方で、今後関連団体と合理的な方策を議論する計画だ。最近、集団感染が相次ぐ病院や療養病院などに対しては防疫を強化する。

首都圏の療養病院に対しては潜伏感染を早期に捜し出すために入院患者を対象に次々と標本診断検査を実施することにした。

最近、一日新規患者は11日連続で100人台と足踏み状態だが、首都圏地域の感染者発生が著しく減少しているという点が今回の距離確保措置の緩和に影響を及ぼした。13日0時を基準に首都圏地域の新規感染者は60人だ。一時254人に迫っていた首都圏一日平均新規感染者は2週間前(8月30日~9月5日)に162.1人から先週(9月6~12日)98.9人に減少し、この日60人まで落ちた。朴長官は「8月30日から始まった、強化された第2段階(第2.5段階を意味)の効果が本格的に発揮されると思われ、減少傾向が当分続くだろう」と話した。

このような状況で距離の確保措置の強化が続く場合、自営業者の経済的被害が大きくなる恐れがあるという判断も働いた。朴長官は「感染者数が著しく減った後に第2段階に緩和したかったが、最も念頭に置いたのは現在の距離の確保によって自営業者と庶民層の犠牲があまりにも大きいということ」と話した。丁世均(チョン・セギュン)首相もこの日、中央防疫対策本部会議で「社会的疲労度とともにその間確認された防疫措置の効果などを考えた」と話した。

しかし、感染内科専門家らは患者規模が二桁に減少していないうえに、感染経路が分からない割合が20%台にとどまるなど現状況で距離の確保を緩和するのは早いと指摘する。

嘉泉(カチョン)大学キル病院感染内科のオム・ジュンシク教授は「当初政府が設定した基準によると、8月以降から感染者の発生や感染経路が不明な感染者の割合などが第3段階に合致する状況」とし「それでも政府は第2.5段階という曖昧な決定で押しつけてきた。足元の火は消したが、今でも第3段階の基準だと思うのに第2段階に引き下げたのは危険だ」と話した。

高麗(コリョ)大学九老(クロ)病院感染内科のキム・ウジュ教授も「段階を引き下げるのは現象を正確に診断してから判断するべきだが、感染経路が分からない感染者が依然として多い。安心できる段階ではない」と話した。

特に、距離の確保措置を引き下げるのは誤ったシグナルを与え得るということから専門家たちの懸念が大きい。距離の確保措置の実行力が落ち、防疫規則順守をないがしろにして活動量の増加につながる場合、再拡散の可能性があるということだ。翰林(ハンリム)大学江南聖心(カンナム・ソンシム)病院感染内科のイ・ジェガプ教授は「第2.5段階措置は首都圏の状況がそれだけ悪いということを知らせるメッセージの効果が大きかった」として「現在は心理的に緩くなってはならないというメッセージの伝達で秋夕まで警戒心を持つのが重要だ」と話した。

政府は距離の確保措置を下方修正したが、大規模な移動が予告された秋夕連休を控えて再び手綱を締めることにした。朴長官は「秋夕連休が始まる28日から来月11日まで2週間は危険度の高い側面を考えて特別防疫期間に設定して防疫管理を強化する予定」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年09月14日 08:49
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
韓国の新規コロナ感染者735人
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
イ・ボヨン主演ドラマ5月にスタート
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]