韓国旅行「コネスト」 国宝1号崇礼門、復旧作業開始。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

国宝1号崇礼門、復旧作業開始

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
国宝第1号・崇礼門(スンレムン、南大門)の復旧作業が10日から本格的に始まる。焼失から10月ぶりとなる。

文化財庁は10日、江原道三陟市濬慶墓(カンウォンド・サムチョクシ・チュンギョンミョ)で崇礼門復旧に使われる金剛(クムガン)松を伐採すると9日、明らかにした。朝鮮(チョソン、1932~1910)の太祖・李成桂(イ・ソンゲ)の5代先祖の墓周辺は韓国で最も品質の良い金剛松の群落がある。高宗の時代に行われた景福宮(キョンボックン)の修理工事と1961年の崇礼門修理工事の際にもここの金剛松が使用された。文化財庁は600年前に崇礼門が築造された際にも、ここの金剛松が使用されたものと推定している。濬慶墓周辺の20本が2009年3月までに伐採される。乾燥して切った後、崇礼門の柱や大梁など主要材料として使われる。金剛松を寄贈したシン・スンベさん(60)は「国宝第1号である崇礼門の復旧に自分が育てた松が使われることになりうれしい」と話している。

9日午後、火災から10カ月ぶりに訪れた崇礼門では発掘作業の真っ最中だった。崇礼門周辺には1~3メートルの深さの穴があちこちに掘られていた。3人1組で発掘作業を1日行えば、3.3平方メートル(1坪)を約50センチ掘ることができるという。文化財庁は発掘とともに国内外の文献調査や考証作業などを経て、2009年末までに崇礼門の設計を終える計画だ。

2010年初めからは門楼復旧や周辺の城郭復元などの工事がスタートする。周辺の整備が完了する2012年末に崇礼門は再び国宝1号の姿を見せる。キム・チャンジュン崇礼門復旧団長は「復旧が完了したら、瓦や木の端など残骸の一部をドイツ統一当時のベルリンの壁のように、市民に分ける検討をしている」と明らかにした。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年12月10日 08:12
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者564人
INFINITEソンジョン兵役終了
新海誠監督のアニメ映画 全作上映へ
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
韓国人「幸福度」コロナ第2波時最低
済州航空日本線の取消変更1回無料に
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]