ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 即席麺の輸出量 4年で約3倍増加。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

即席麺の輸出量 4年で約3倍増加

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の即席麺の輸出量が4年間で3倍近く増加したことが25日、分かった。中国向けが圧倒的1位を占め、東南アジアも主な輸出先として急浮上している。

韓国関税庁の輸出入貿易統計によると、即席麺の輸出量は2015年が5万5378トン、16年が7万9585トン、17年が11万115トン、18年が11万5976トン、19年が13万7284トンと4年間で2.7倍増加した。

 輸出額も15年の2億1879万9000ドル(約232億円)から19年は4億6699万6000ドルで、2倍以上増えた。

 輸出量を輸出先別にみると、中国が4万1537トンで圧倒的1位を占めた。次いで米国(1万4908トン)、日本(9638トン)、オーストラリア(6147トン)、インドネシア(5988トン)などの順。

 即席麺を扱う韓国食品メーカーの海外事業の業績も著しく伸びている。

 韓国の即席麺市場シェアトップの農心は、海外事業の売り上げが16年の6億3500万ドルから17年は6億4500万ドル、18年は7億4000万ドル、19年は8億ドルに増加した。今年上半期(1~6月)は5億2000万ドルを記録し、19年通年の65%を達成した。

 同社は米国、中国、日本、オーストラリア、ベトナムで現地法人を運営しており、海外事業の売り上げは輸出と海外での生産の合計だ。代表的な輸出商品は辛ラーメン、ノグリ、チャパゲティ、カップ麺のユッケジャンサバル麺やキムチサバル麺など。

 三養食品の即席麺の輸出額は15年が294億ウォン(約26億円)、16年が916億ウォン、17年が2036億ウォン、18年が1985億ウォン、19年が2657億ウォンだった。18年にやや減少したが4年間で9倍増加した。

 同社の激辛麺「ブルダック炒め麺」シリーズの海外事業の売り上げは15年の98億ウォンから19年は2400億ウォンに増加した。

 オットゥギも19年に550億ウォン相当の即席麺を輸出した。18年に比べ20%増加した。今年は上半期だけで19年通年の72.7%に当たる400億ウォン相当を輸出した。

 食品業界の関係者は「韓国の即席麺の辛い味が海外の消費者を引き付けている」とし、新型コロナウイルス感染拡大の影響でステイホームが続き、即席麺の需要も増えており、今後も輸出増加を維持できそうだと期待した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年08月25日 12:35
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
釜山市 日本で30年万博誘致活動
TXT新アルバム 200万枚突破
「ガルプラ」男性版 今晩から放送
ギャラクシーS23の強化ポイント
チェジュ航空 松山・静岡線再開
ニュージーンズ 韓国チャート独占
江南都心空港ターミナルが閉業
1月の消費者物価上層率5.2%
ストレイキッズ 仏音楽祭に出演
BTS 米キッズ・アワード候補に
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
23.01.31
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
23.01.31
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]