韓国旅行「コネスト」 韓国企業、新型コロナに白旗? 今年に入り破産申請625件で過去最高。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国企業、新型コロナに白旗? 今年に入り破産申請625件で過去最高

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
1~7月に裁判所に破産を申し立てた企業(法人)数が関連統計集計開始以降で最多を記録した。新型コロナウイルスによる景気低迷が指標に反映され始めたとの分析が出ている。

23日の裁判所などによると、1~7月に全国の裁判所に寄せられた法人破産申請件数は625件で、裁判所が関連統計作成を始めた2013年以降で最も多かった。前年同期より10.4%、2018年の同じ期間より35.5%増えた。裁判所の破産手続きが確立され毎年企業の破産申請は増加を続けてきたが、今年の場合は例年と異なるという分析が出ている。

倒産法研究会会長のキム・グァンギ弁護士は、「企業は見通しが不透明な時に再生申請ではなく破産申請をするが、最近になって破産関連の問い合わせが増加している。最低賃金引き上げで苦境に立つ企業が新型コロナウイルスにより決定的な打撃を受けたとみられる」と話した。続けて「実際に最近会った企業関係者のうち会社を運営する意欲を失った人も少なくなかった」と伝えた。

実際に新型コロナウイルスの1次大流行地域だった大邱(テグ)・慶尚北道(キョンサンブクド)の場合、破産申請増加幅が大きかった。大邱地裁に寄せられた1~7月の法人破産申請件数は37件で前年同期の24件から54.1%増えた。

通常は裁判所の夏季休廷が始まる7月に今年に入って月別基準で最も多い103件の破産申請があったという点も注目すべき部分だ。堪えに堪えた企業がこれ以上堪える力を失ったという意味と解釈されるためだ。昨年までは7月の破産申請件数が休廷時期と重なり100件を超えたことはなかった。

全国の裁判所に寄せられた個人破産申請件数も2016年以降で最多となる2万9007件を記録した。法曹界では企業破産が個人破産につながる連鎖破産の悪循環を懸念している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年08月24日 08:34
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
行方不明の配達員が結局遺体で発見
数百年に一度の豪雨が毎年発生
「内需回復の兆し」を3カ月連続言及
役所広司が15年ぶり来韓へ
韓国ユーチューバー登録者20万人増
TWICEデビュー曲再生5億回突破
韓国5人に1人が65歳以上
ジェニーの室内喫煙問題にBBC言及
職場離脱の研修医に最後通告
日本人投手の白川、斗山と契約
週間アクセスランキング
「ジェニーの室内喫煙」場面が議論に
24.07.09
ソン・イェジンが結婚した理由を告白
24.07.08
「泥酔ベンツ女」イェソン懲役10年
24.07.09
ジェニーの屋内喫煙「ずっと謝った」
24.07.11
ヒョナ&ヨン・ジュンヒョンが結婚か
24.07.08
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]