韓国旅行「コネスト」 米国ではツナ缶詰、ベトナムでは米菓…韓国食品業界、コロナにも実績好調。韓国の経済ニュース
KONEST

米国ではツナ缶詰、ベトナムでは米菓…韓国食品業界、コロナにも実績好調

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)で家庭食の需要が増えながら食品業界が実績改善の効果を享受している。海外で韓国食品である「Kフード」が人気を呼んだのも好材料として働いた。

CJ第一製糖は11日、KOSPI(韓国総合株価指数)市場で過去2四半期の実績を公示した。4-6月期の売り上げは昨年同期より7.4%増えた5兆9209億ウォン、営業利益は119.5%増加した3849億ウォンとなった。特に、海外売り上げが26%成長して実績好調をリードした。韓国内では外食部門の売り上げが減ったが、HMR(ホーム・ミール・リプレイスメント、家庭料理に代わる食事)の販売は増えた。

CJ第一製糖は冷凍餃子「ビビゴ(bibigo)」を前面に出して米国市場に進出した。2018年には米国食品企業シュワンスカンパニーを買収した。大信証券のハン・ユジョン研究員は「新型肺炎の影響で米国で加工食品の需要が急増した」として「今回にビビゴを食べたことのある海外消費者が同じ製品を再び求める可能性が大きくなった」と説明した。

オリオンの4-6月期の実績は会社創業以来最大だった。売り上げは昨年同期より17.3%増加した5151億ウォン、営業利益は71%増えた862億ウォンとなった。ベトナムでは昨年発売した米菓の売り上げが100億ウォンを超えた。ロシアではチョコパイとビスケット製品の好調で上半期の営業利益が105.4%増えた。

東遠(トンウォン)産業の4-6月期の売り上げも昨年同期より7.7%増加した7209億ウォンだった。営業利益は55.4%増えた898億ウォンをあげた。動員産業の4-6月期の営業利益は証券街展望値を30%程度上回った。子会社である米国のツナ缶詰1位会社スターキストの4-6月期の売り上げは58%増加した。東遠F&Bの一般食品部門の営業利益は1年前より58%増加した109億ウォンだった。

農心(ノンシン)は15日、4-6月期の実績を発表する予定だ。映画『パラサイト 半地下の家族』に登場した「チャパグリ」効果と歌手Rainの『GANG』ブームが関連製品販売に肯定的な影響を与えたものとみられる。証券情報会社エフアンドガイドによると、国内証券会社が見通した農心の4-6月期の営業利益は378億ウォンだった。昨年同期より361%増えた金額だ。プルムウォン・三養(サムヤン)食品・大象(テサン)・ オットギの4-6月期の営業利益も11~34%成長する見通される。韓国取引所によると、KOSPI市場で飲食糧品指数は11日4433.56で取り引きを終えた。今年に入って27%上昇した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年08月12日 09:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者61人
サムスン電子の李健熙会長が死去
元ガールズグループ相次ぐ事務所批判
tway航空日韓線再開キャンペーン
2020コリアセールフェスタ開催
BTSよりナフナ、ユーチューブ1位
インフル予防接種後の死者計32人に
韓国で宅配ドライバーの死亡相次ぐ
今年の「ミスコリア」決まる
李明博元大統領 29日に最高裁判決
週間アクセスランキング
今年の「ミスコリア」決まる
20.10.23
韓国ロッテ会長長男、日本ロッテ...
20.10.20
俳優アン・ソンギ、健康異常で入...
20.10.21
韓国1位出前アプリが日本進出へ
20.10.20
韓国で宅配ドライバーの死亡相次...
20.10.23
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]