安全な韓国旅行のための防疫ガイド
韓国旅行「コネスト」 『愛の不時着』のたくましい女性のおかげで…日本で再び盛り上がる韓流ブーム。韓国の芸能ニュース
KONEST

『愛の不時着』のたくましい女性のおかげで…日本で再び盛り上がる韓流ブーム

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
4カ月ぶりに日本に戻ってきた。毎月、韓国と日本を行き来しながら生活してきたが、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のために、両国間の往来が困難になり、4月から4カ月間は日本に帰らずに韓国で過ごした。その間、日本の複数のメディアから取材要請が入ったが、主に2種類だった。1つは、成功した韓国の新型コロナ対策、もう1つはドラマ『愛の不時着』関係者のインタビューだった。日本で記者が韓国に出張できなくなったため、韓国にいるフリーランス記者の私に依頼が殺到したのだ。

ドラマ『愛の不時着』は韓国で昨年2月放映が終わった後、日本でもネットフリックスで視聴できるようになった。たまたま日本は3月から新型コロナ感染者が増え始め、家で過ごす時間が増えた。その時新たにネットフリックスに登録し、『愛の不時着』に出会った日本人が増えたのだ。

日本でネットフリックスを見る世代は、これまで韓国ドラマを楽しんでいた世代よりも若いようだ。主に30代から「初めて見た韓国ドラマ『愛の不時着』にはまった」という話を多く聞いた。「『愛の不時着』、すごくおもしろい」と久しぶりに連絡をくれた私の高校の時の友人も少なくなかった。2012年当時、李明博(イ・ミョンバク)大統領が独島(ドクト、日本名・竹島)を訪問し、韓日関係が急速に悪化した時から地上波テレビで韓国ドラマを見る機会はほとんどなくなった。韓国ドラマファンは高いケーブルテレビを契約したりDVDを借りたりして見ていたが、そうでなければ自ずと見る機会がなくなった。ところが、最近急にネットフリックスで見ることができる韓国ドラマが増え、若い層の関心が高まった。 

複数のメディアが『愛の不時着』の関係者をインタビューしてほしいという依頼を送ってきて、結局演出を担当したイ・ジョンヒョ監督、北朝鮮軍人のピョ・チス役を演じたヤン・ギョンウォン、「耳野郎」と呼ばれるチョン・マンボクを演じたキム・ヨンミンの3人にインタビューした。インタビューの依頼は非常に多かったが、私1人でやるには限界があった。

雑誌『週刊朝日』の依頼でおすすめの最近韓国ドラマについて現地在住者として私がインタビューを受けたこともある。『週刊朝日』の記者は「『愛の不時着』の主演のヒョンビンを表紙にした号が爆発的に売れて、しばらく韓国俳優や歌手の取材に注力することになりそうだ」と言った。ヒョンビンに続き、パク・ソジュン、チャン・グンソクも表紙を飾った。韓流雑誌ではなく一般的な政治の話も多く載る週刊誌としては珍しいことだ。

日本では『愛の不時着』の次に、やはりネットフリックスで見ることができる『梨泰院(イテウォン)クラス』も人気が高い。『週刊朝日』が行ったアンケート調査の結果、「最も好きな韓流俳優」1位は『梨泰院クラス』の主演パク・ソジュン、2位はチャン・グンソク、3位はヒョンビンだった。チャン・グンソクは『美男(イケメン)ですね』というドラマで日本で人気を博したが、その時から10年経ってもファンの愛は熱いようだ。

これほどまでに大きな反応は、韓流ブームの始まりのドラマ『冬のソナタ』以来のことだ。こんな話を韓国の知人にすると、決まって「なぜ?」と不思議がる。「そんなドラマがあったの?」という反応も多い。『愛の不時着』を知らない韓国人が多いということだ。ところが今、日本では『愛の不時着』について知らない人はほとんどいないだろう。実際見てはいなくても、社会現象として多く報道されているからだ。

しかし、韓国で日本の新韓流の反応がヨン様(ペ・ヨンジュン)ブームの時のように感じられないのは、やはり新型コロナのためだろう。当時は突然韓国に日本のヨン様ファンが殺到した。特に『冬のソナタ』のロケ地、春川南怡島(チュンチョン・ナミソム)などに観光客が一気に増えた。

『愛の不時着』について日本の視聴者を対象にオンライン講義をした時も、やはりロケ地について知りたいという質問が多かった。おそらく新型コロナさえなかったら、今頃多くのファンがロケ地を巡礼しに、そして出演者に会いに韓国に来ただろう。事実上、韓日間の往来が不可能になった今は、日本国内で楽しむしかない。ある友人は「韓国に行けない代わりに、東京にある韓国チキンのチェーン店で代理満足を感じている」と言う。そのチェーン店は『愛の不時着』のPPL(間接広告)によく登場していたチェーン店だ。「チキンを食べながら『愛の不時着』についておしゃべりすることが流行り」だという。

『愛の不時着』が日本で人気を得た理由は色々あるだろうが、北朝鮮に対する関心が第一だと思う。政治的部分にばかりフォーカスする報道で、北朝鮮のイメージは日本で概ね良くない。ところが、そこに親近感を感じるような普通の人も暮らしていることを初めて知ったのだ。『冬のソナタ』1つで韓国への視線が変わったように『愛の不時着』1つで、北朝鮮に対する視線が変わったのだ。 

イ・ジョンヒョ監督が「BTS(防弾少年団)をはじめK-POPが流行り、『パラサイト半地下の家族』が流行ったことで、韓国人の情緒を受け入れるようになったのではないかも思う」と言ったのにも一理ある。いわゆる第3次韓流ブームは、BTSやTWICE(トゥワイス)などK-POPを中心に始まった。『パラサイト半地下の家族』のアカデミー4冠王で韓国映画に対する関心が高まった。今も、新型コロナの中でも『はちどり』『マルモイ ことばあつめ』など韓国映画が日本で好評を得ている。  

近年、韓日関係は最悪だ。しかし今、韓国文化は政治的なものとは関係なく、日本で多様に定着したようだ。「韓国は嫌いだが、『パラサイト 半地下の家族』は良い」と明言する日本人もいる。それでも韓国文化に対する評価は認めざるを得ないようだ。家にいる時間が増えたとき、韓国では韓国ドラマの視聴率が高まった。日本では、時間が増えても、日本ドラマではなく韓国ドラマを見るようになったのだ。日本では新型コロナのためにドラマの撮影が中断したという理由もあるだろうが、日本のドラマより韓国ドラマの方がおもしろいと感じた人が多いのも事実だ。

「韓国ドラマが日本で人気が高い理由は何か。日本のドラマには何が足りないのだろうか」。日本のドラマ関係者から真剣に質問されたこともある。脚本、演出、俳優の演技力など、全般的に韓国ドラマのレベルは高いとは思うが、そう言っても役に立たなさそうで1つだけ指摘した。「女性のキャラクター」についてだ。

『愛の不時着』では主人公ユン・セリ(ソン・イェジン扮)をはじめ、女性キャラクターが男性に依存しない自立的なキャラクターだった点が、日本で話題になっていた。セリは財閥の娘だが、パラグライダーに乗って北朝鮮に不時着してもたくましく幾度もの危機を克服し、韓国に帰ってきた。それは異母兄との競争にも慣れ、自分の力でファッション美容事業を成功させた自立した女性だから可能だっただろう。セリだけでなく、他の女性キャラクターもそうだった。男性の世話ばかりするキャラクターはいなかった。

しかし、そういう部分について韓国で言及されているのはあまり聞かない。それは最近の韓国ドラマであまりにも当然のことだからではないかと思う。

元来、現実にないことを代わりにドラマで満たす側面がある。中東でも韓国ドラマの人気がすごいという話を聞いたとき、日本でなぜ『愛の不時着』の女性キャラクターの共感度が高いのかも少し分かった気がした。中東は比較的男性に比べて女性の地位が低いという。日本の女性はなかなか声には出さないが、内心女性の立場に不満がある人が多いようだ。そんな女性の本音を考えてドラマを作ったら、日本でも共感を得ることができるのではないかと思う。

実際に日本では『愛の不時着』ファンには女性が、『梨泰院クラス』のファンには男性が多いという傾向がある。『梨泰院クラス』は男性が主人公の職業的成功ストーリーと復讐劇のドラマで、普段上司の横暴に何も言えずに堪えている会社員が快感を感じたようだ。

新型コロナで人の往来は難しくなったが、オンラインでドラマや映画は容易に国境を越える時代になった。ことし初めには想像もできなかった状況だ。2週間以上日本で過ごすのは会社を辞めて韓国に留学に来て以来3年半ぶりだ。せっかくだから、これまでろくに見ることができなかった日本ドラマも見て、改めて日本の文化や社会を振り返る時間も持ってみようかと思う。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年08月10日 16:35
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
JYPの6人組バンドがデビュー
コロナ危険度 2週連続で最高段階
BTSがきょうから長期休暇
外交部の22年度予算 2870億円
aespa 米トーク番組に出演へ
韓国首相 炭素中立へ取り組み促す
韓国首相「オミクロン対応に集中」 
新規コロナ感染者4,325人
特別防疫対策の施行 今日から
「ビヨット」リンク味が新発売
週間アクセスランキング
オミクロン株で初の集団感染
21.12.03
「ビヨット」リンク味が新発売
21.12.02
ユニクロが韓国で苦境脱出か
21.12.03
ソウルの物価、東京より高かった
21.12.02
BTS 入国隔離でMAMA出演不可
21.12.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]