韓国旅行「コネスト」 『勝利号』予告編公開…韓国映画、宇宙SFジャンルの新章開くか。韓国の芸能ニュース
KONEST

『勝利号』予告編公開…韓国映画、宇宙SFジャンルの新章開くか

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国映画『勝利号』(チョ・ソンヒ監督)が9月23日に公開されることが確定し、予告篇を公開した。

『勝利号』は2092年に宇宙ゴミ掃除船「勝利号」の船員が大量破壊兵器と名高い人間型ロボット「ドロシー」を発見し、危険な取引に手を出す話を描いた映画。ハリウッドの専売特許と思われていた宇宙を背景にチョ・ソンヒ監督の想像力と韓国映画界の技術力が生み出した宇宙SF映画だ。予告編を3日に公開した。

まず、宇宙を駆け巡る威風堂々たる勝利号の姿で視線をひきつける予告編は「退け、無能な奴ら。あれはアタシのものだ」と力強い声で登場するチャン船長(キム・テリ扮)の強烈なビジュアルで視線を集中させる。

2092年、荒廃した地球上でお金になるゴミを探し回る勝利号は、他の宇宙船の非難にも屈さず、獲物を求めて素早く宇宙を動き巡る。お金だけが目的の勝利号の乗組員だが、銀行口座は底をつき、増えるのは宇宙船の修理費と借金ばかりだ。そんな彼らの前に大量破壊兵器の危険なロボット「ドロシー」が現れ、お金のにおいを嗅ぎつけた操縦士のテホ(ソン・ジュンギ扮)は爆弾を転売して稼ぐという壮大な計画を立てる。操縦士のテホと勝利号のリーダー、チャン船長、そしてドレッドヘアに全身タトゥーという圧倒的ビジュアルのタイガー・パク(チン・ソンギュ扮)、個性的な声のもり使いロボット「オプトンイ」(ユ・ヘジン扮)まで。チームワークはめちゃくちゃだが、個性豊かなキャラクターたちの異色の化学反応を楽しみことができる。

『勝利号』は中秋節市場をターゲットに9月23日に公開される。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年08月03日 15:35
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国文化フェス初開催 オンラインで
韓国首相が帰省自粛求める
光化門広場大幅リニューアルへ
韓国の新規コロナ感染者95人
寄生虫効果?即席めん輸出37%増加
10月から韓国人の日本新規入国可能
来月BTS公演 ネット配信のみ
韓国政府が特別防疫対策発表
韓国人射殺で金正恩氏が謝罪
週間アクセスランキング
大韓航空、「仁川-関西」運航再...
20.09.22
チョン・ジュニョン懲役5年実刑...
20.09.24
ソウル・清凉里の市場で火災
20.09.21
地元市場が反対のユニクロオープ...
20.09.23
10月から韓国人の日本新規入国可...
20.09.26
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]