韓国旅行「コネスト」 世界を魅了するキムチ 輸出量が毎年増加=韓国。韓国の経済ニュース
KONEST

世界を魅了するキムチ 輸出量が毎年増加=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の代表的な食べ物、キムチが世界の人々を引き付けている。キムチの輸出量は毎年伸び続け、今年は既に上半期(1~6月)だけで昨年の年間輸出量の約70%を達成したことが22日、分かった。

 韓国農水産食品流通公社によると、キムチの輸出量は2016年の2万3490トンから17年は2万4311トン、18年は2万8197トン、19年は2万9529トンと毎年増加した。今年は上半期に昨年の年間輸出量の68.3%に当たる2万259トンを輸出した。

 6月現在の主な輸出先は日本、米国、オーストラリア、香港、台湾。これら国・地域への上半期の輸出量は既に昨年の6~8割を達成した。最大の輸出先、日本には昨年1万5949トンを、今年上半期は昨年の64.9%に当たる1万349トンを輸出した。

 韓国の主な食品メーカーのキムチ輸出量も伸びており、その先頭に立っているのが大象の「宗家キムチ」だ。宗家キムチの輸出額は15年の2600万ドル(約28億円)から毎年増加し、昨年は4300万ドルと4000万ドルを超えた。今年上半期は3000万ドルに上り、キムチの輸出額全体の41%を占めた。

 宗家キムチの輸出先は日本、台湾、米国、欧州など40カ国・地域を超える。大象はキムチの世界化を目標に、年内に米国工場を着工する計画だ。来月からは中国・ 江蘇省連雲港市の工場での生産を開始する。

 CJ第一製糖も日本、米国、シンガポール、欧州、タイなどにキムチを輸出している。特にベトナムでは18年から現地生産を行っている。今年上半期の輸出は前年同期より約30%増加した。代表商品の「BIBIGO白菜キムチ」の売り上げは前年同期比80%増えた。特に米国での売り上げが大きく伸びているという。

 プルムウォンは米国で「Nasoya Kimchi」というブランドでキムチを販売している。

 食品業界関係者は「数年前までは主に現地の韓国人がキムチを購入していたが、最近は現地住民の購入の割合が高まっている。今年上半期は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い需要が増加した」と話している。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年07月22日 09:50

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国のコロナ新規感染者36人
豪雨の死者・行方不明者50人超
【写真】増水した黄土色の漢江
クォン・ミナ、メンバーに謝罪要求
「カフェで飲食時除きマスク」新指針
NAVER子会社の取引額が急増
韓国国民の7割がゲーム楽しむ
ソウル市ラッシュ時地下鉄・バス増便
SuperMが14日にシングル発表
イ・ジョンジェ主演映画公開初日1位
週間アクセスランキング
漢江水位上昇のためソウルで道路...
20.08.06
クォン・ミナ、メンバーに謝罪要...
20.08.07
韓国版GOTOも行き詰まり?
20.08.05
大雨被害、韓国気象庁予想できず
20.08.03
首都圏中心に非常に激しい雨
20.08.03
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]