安全な韓国旅行のための防疫ガイド
韓国旅行「コネスト」 コロナ「陰性証明書」提出義務付けへ 防疫強化対象国から入国の外国人に。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

コロナ「陰性証明書」提出義務付けへ 防疫強化対象国から入国の外国人に

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部は10日、新型コロナウイルスの防疫強化対象国から13日以降に入国する全ての外国人に対し、出発日の48時間前までに発行されたPCR検査の「陰性確認書」の提出を義務付けると発表した。

 陰性確認書を提出しても、海外からの他の入国者と同様に入国後2週間の自主隔離と3日以内の新型コロナ検査が義務付けられる。

 ただ、中央災難安全対策本部は防疫強化対象国の具体的なリストを公開しなかった。

 政府の中央事故収拾本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長は会見で、「対象国は外交的関係があるため明らかにできない」としながら、1週間単位を基準に海外からの入国者のうち国内で感染が確認された割合を考慮し、関係官庁と協議して指定すると述べた。

 海外からの入国後に感染が確認された人は5月は1日平均6人、6月は同11人だったが、今月に入って急増し、8日までに同20人となった。

 国別ではカザフスタンやパキスタン、バングラデシュからの入国者で感染が確認される割合が高い。パキスタン、バングラデシュについては既にビザ(査証)の新規発給の制限、不定期の航空便の運航中止などの措置が取られている。

 入国者に占める外国人の割合も増加を続けている。

 中央事故収拾本部の孫映レ(ソン・ヨンレ)戦略企画班長は、特定の国から外国人が多数入国するのは主に季節労働者などの要因によるものだとし、陰性確認書の提出は入国者からのウイルス流入を遮断するための措置だと説明した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年07月10日 16:19
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ブラックピンクのユーチューブ人気
外国人がよく食べる韓国料理は?
BTSのロス公演 今日から開催
南アなど8カ国からの外国人入国禁止
新規コロナ感染者3,928人 
「妊娠後捨てられ」暴露に…俳優謝罪
全斗煥死去後も続く「追徴金戦争」
大晦日にソウルで年越しフェス開催へ
大統領29日にコロナ点検会議を開催
韓国の青年ニート172万人
週間アクセスランキング
「ソルビン」来年日本に再進出へ
21.11.22
パク・シネ 結婚と妊娠を発表
21.11.23
ソ・ガンジュン 兵役のため今日入隊
21.11.23
外国人団体観光客が免税店訪問
21.11.23
子役出身…パク・シネ夫婦の共通点は
21.11.24
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]