韓国旅行「コネスト」 大韓航空、1兆ウォン規模の機内食・免税店事業を売却へ。韓国の経済ニュース
KONEST

大韓航空、1兆ウォン規模の機内食・免税店事業を売却へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
大韓航空が最大核心的部門に分類される機内食と機内免税店事業部の売却を推進している。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の余波で経営難に陥っている同社が流動性の危機を克服するために打ち出した自己救済策の一環だ。

6日、韓国航空業界や金融投資業界などによると、大韓航空は機内食と機内免税店事業部をある私募ファンドに売却することを暫定的に決め、最終交渉を進めている。売却価格は1兆ウォン(約900億円)ほどになる。大韓航空は早ければ7日に理事会を開き、最終売却価格と対象を決めるという。

大韓航空は、機内食・機内免税店・航空輸送教育・航空機整備(MRO)事業部などを売却対象に定め、買収希望者と接触した。その間、機内食とMRO事業部門は最後の砦だとし、売却に否定的な立場を守ってきた。その中で松ヒョン洞(ソンヒョンドン)の敷地売却がソウル市の公園化方針と重なって支障をきたすようになったことから「機内食・機内免税店事業部売却」カードを切ったものと航空業界は分析している。

ハン・アンド・カンパニー(Hahn & Company)やMBKパートナーズなど大規模な私募ファンド(PEF)が買収提案をし、機内食および機内免税事業部はハン・アンド・カンパニーの買収が有力だと伝えられた。航空業界関係者は「ハン・アンド・カンパニーが熊津(ウンジン)食品売却後、国内飲食品事業部門で拡充を試みながら大韓航空機内食事業部に関心を持ってきた」と話した。

大韓航空が機内食と機内免税店事業部の売却に成功すれば、流動性に対する懸念はある程度解消される見込みだ。今年4月、産業銀行や輸出入銀行などの債権団は1兆2000億ウォンを大韓航空に支援し、基幹産業安定基金からも下半期1兆ウォンを追加支援した。

債権団の支援条件として2兆ウォンほどの資本拡充を要求されていた大韓航空は、今月の株主配分有償増資で1兆1587億ウォンを確保する。これに加えて機内食と機内免税店事業部を売却することになれば、自己救済策で確保できる資金は2兆ウォンを超える。大韓航空は、ソウル景福宮(キョンボックン)に隣接する松ヒョン洞の敷地と王山(ワンサン)マリーナを保有する王山レジャー開発の株式など、追加の資産売却も引き続き推進している。

機内食と機内免税店事業部売却に対して大韓航空関係者は「まだ公式に決まったものは何もない」と語った。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年07月07日 07:27
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BTSがオリコン令和ランキング1位
尹大統領が総選挙敗北受け立場表明
仁川空港国際線旅客数が前年1.5倍
aespaウィンター活動休止
「犯罪都市4」164カ国に販売
韓国3月の失業率3.0%
2042年には人口の6.9%が外国
aespa6月にワールドツアー開始
韓国野党の重鎮 5期目当選ならず
NCT WISHファンミツアー開催
週間アクセスランキング
ソン・ジュンギ 日本旅行の写真公開
24.04.09
俳優マ・ドンソクが5月に挙式
24.04.08
韓国有名魚市場の「ぼったくり」暴露
24.04.09
邦人YouTuber韓国でロト当選
24.04.10
セブンティーンの森 ソウルの公園に
24.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]