韓国旅行「コネスト」 改札通過するだけで地下鉄の料金決済 22年までの導入目指す=ソウル市。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

改札通過するだけで地下鉄の料金決済 22年までの導入目指す=ソウル市

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は2日、「ポストコロナ公共革新報告会」を開き、地下鉄利用時に改札口を通過するだけで料金が自動決済されるシステムの導入などを推進すると明らかにした。

 ソウル市傘下の公共機関は、2022年までに128の事業に計6116億ウォン(約546億円)を投じて新型コロナウイルス後の都市デザインに乗り出すことを決めた。公共サービスは社会的距離を維持できるよう、非対面・非接触方式を拡大する。

 ソウル交通公社は、スマートフォンのアプリを起動して地下鉄の改札口を通れば、高速道路の料金所のように料金が自動決済されるシステムを22年までに1~8号線の556の改札口に設置し、23年までには3340の改札口全てに設置する予定だ。

 また、地下鉄の車内にカメラとセンサーを設置し、運行中に安全点検を行う「スマートトレイン」システムを22年に全路線に導入する。

 公社はビッグデータを活用し、各列車の混雑度をリアルタイムで乗客に提供することを決めた。

 朴市長は「S防疫(ソウル型防疫)が世界標準になったように、ソウル市の26の公共機関がポストコロナ時代の公共機関革新の標準モデルを作ることを目標に革新を本格化させる」と述べた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年07月02日 10:50

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ソウル首都圏の防疫レベル引き上げ
韓国のコロナ市中感染者155人
コロナ関係なしの韓国スタバ営業益増
IZ*ONE宮脇咲良イベントに登場
首都圏で同時多発的なコロナ感染
日本製品不買が答えか?SNSで論争
「配達員の休息日」宅配一斉休業
高宗が米国人に下賜した太極旗公開
BTSが10月にソウルでコンサート
週間アクセスランキング
止まらない日本製不買運動
20.08.10
ソウル首都圏の防疫レベル引き上...
20.08.15
がん克服のキム・ウビンが近況公...
20.08.13
南大門市場で商人7人が集団感染
20.08.10
【写真】大雨モーうんざり
20.08.09
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]