韓国旅行「コネスト」 QRコードでの身元確認義務付け 感染リスク高い12業種で=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

QRコードでの身元確認義務付け 感染リスク高い12業種で=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国で1日から、新型コロナウイルスの感染リスクが高い「高危険度施設」に対し、QRコードを利用した入店者名簿の作成が義務付けられる。

 入店者は氏名や連絡先などの情報が含まれたQRコードをスマートフォン(スマホ)で提示しなければ、入店できず、施設側が違反すれば罰金などが科せられる。

 中央災難(災害)安全対策本部は処罰を行わない周知期間を終了し、1日午前0時より本格施行されると発表した。

 同制度は感染者が発生した際に、接触者の情報を正確かつ早急に把握するための措置で、先月10日に導入された。

 クラブやカラオケボックスなどの遊興施設のほか、ダンスエクササイズのズンバなど、激しい運動を集団で行う室内スポーツ施設や、客席の一部または全部が立ち見の公演会場など8業種が対象だったが、最近集団感染が発生した訪問販売業者、物流センター、大規模な学習塾、ビュッフェ形式の飲食店が加わり12業種になった。

 これらの施設を利用する際には、スマホを使ってワンタイムQRコードを取得し、施設側に提示しなければならない。施設側はアプリを利用して名簿を作成する。施設が名簿を作成しなかった場合や、虚偽の名簿を作成した場合は、300万ウォン(約27万円)以下の罰金が科せられ、事実上の営業停止を意味する集合禁止命令などの行政処分を受けられる。

 QRコードの使用を拒否する利用者やスマホを持っていない人については、身元確認を行った上で、手書きでの名簿作成も認められる。

 利用者の個人情報と訪問記録はQRコード発行会社と公共機関である社会保障情報院で分散管理され、疫学調査が必要な時にだけ防疫当局が分散された情報を合わせて利用者を特定する。収集された情報は4週間後に破棄される。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年07月01日 07:00

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
性転換手術による除隊取り消しを破棄
韓国、生活防疫以降最も危険な状況
東方神起ユノ、情熱DNAは父親譲り
韓国、今年の夏は猛暑に
ク・ハラさん元恋人の判決に遺族
韓国のコロナ感染者63人増
5月の訪韓、日本からは413人
コロナでも韓国ラーメンの人気急騰
高麗の美 貴重な螺鈿漆器が日本から
日本不買運動で輸入ビール市場激変
週間アクセスランキング
韓国ドラマが日本で再ブーム
20.06.28
映画「新感染」続編が日本などに...
20.06.30
コンビニで明日から夏向きマスク...
20.06.30
チャン・グンソク、除隊後の思い...
20.06.29
ノ・ミヌ、綾瀬はるかとの熱愛否...
20.07.02
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]