韓国旅行「コネスト」 有害物と判定された『呪文−MIROTIC』が反発…論議拡大。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > 有害物と判定された『呪文−MIROTIC』が反発…論議拡大

有害物と判定された『呪文−MIROTIC』が反発…論議拡大

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
グループ歌手「東方神起」のヒット曲『呪文−MIROTIC』は青少年に有害なのか。保健福祉家族部傘下の青少年保護委員会(以下、青保委)がこの曲を青少年有害物に分類したことから、「東方神起」の所属事務所SMエンターテイメントが2日、効力停止仮処分の申請を出すことに決め、物議を醸している。

青少年有害物の判定に対し、音楽創作者が抗議するのは今回が初めてのことになる。大衆音楽界は今回の論議が今後、歌詞の表現の自由に対する重要なバロメーターになることから、敏感になっている。

◆判定基準が論議の核心

=大衆音楽界は、青保委の判定基準が保守的で恣意的だと見ている。

青保委は11月中旬、ピ(Rain)のヒット曲『Rainism』に対し、‘magic stick’という歌詞が男性の特定の身体部分を象徴するとして青少年有害物の判定を下した。ピの所属事務所は判定を受け入れて歌詞を変えたが、「大衆の解釈の自由を無視した」とし、疑問を提起した。続いて、東方神起の『呪文−MIROTIC』まで特定の歌詞ではなく全体的な脈絡が扇情的だという理由で青少年有害物に分類したことから、反発が強まっている。

大衆音楽評論家のキム氏は「有害な歌詞や思想などに明確な基準はなく、全般的な雰囲気を問題にしているのは1970年代に禁止された曲と何ら変わりがない」とし「有害性は価値判断の問題だけに、現実的で明確な基準を示すべきだ」と話している。

音版会社の関係者は「表現の自由を委縮させるという理由から1996年に撤廃された事前審議が形を変え、まるで復活したようだ」と不満を述べた。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年12月04日 09:09
韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • [芸能]ビッグバン、来年1月と2月にソウルで単独公演
  • ソウル一部バスで多言語放送、二村洞では日本語案内
  • チャン・ドンゴン、世界食糧計画広報大使に
  • [芸能]入隊控えるイ・ミヌ、日本でラストコンサート
  • クォン・サンウ−ソン・テヨン夫婦、来年パパ・ママに
  • 関連記事
    コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国、イングランドに惜敗
    非正規雇用問題、民官見解対立
    今週末は全国的に晴れ
    既得勢力に一撃!新ドラマ制作発表会
    セウォル号、自死の教頭は出航に反対
    朴前大統領弾劾後35億ウォン使用か
    TWICE、TT動画再生2億回突破
    不法滞在の外国人4カ月連続増
    文大統領、異見を出すのは義務
    週間アクセスランキング
    俳優カップル2年交際から22日結...
    17.05.22
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    17.05.23
    俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを...
    17.05.24
    ハン・ヘジン、野球選手と熱愛説
    17.05.24
    「ソウル路」2日で25万人が歩く
    17.05.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]