韓国旅行「コネスト」 「塩分摂取減らそう」キャンペーン計画…日本は「健康日本21」進行中。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「塩分摂取減らそう」キャンペーン計画…日本は「健康日本21」進行中

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
かつて貨幣の価値ほど貴重だった塩が、今では厄介者扱いされている。 国民病の高血圧の主犯に浮上しているからだ。

大韓高血圧学会は2009年から「塩分の摂取を減らそう」をスローガンに国民キャンペーンを繰り広げることにした。

10月に開催された世界医師会でも「塩分の摂取を減らそう」という声明書を採択した。 問題は食べ物の味付けに塩が欠かせないという点。 普段から塩辛いものをよく食べる人の習慣を変えるのは禁煙と同じくらい難しいというのも、こうした理由からだ。

韓国人が塩辛いものをよく食べるというのは世界も認めている。 一日平均塩分摂取量は12グラム。 特に年齢別には30−40代が最も多く、15グラムに達した。 子どもも一日10グラムを摂取し、世界保健機関(WHO)推奨量(5グラム)の2倍にのぼる。

塩5グラムはティースプーン1杯程度。 13グラム以上といえば大さじ1杯の量になる。 食品医薬品安全庁の資料によると、最も塩分の多い食品はキムチで、次いでカルククス(麺)、キムチチゲ、ワカメスープ、テンジャンク(味噌汁)、ラーメンなどの順。

日本は2000年から2012年まで推進中の「健康日本21」プロジェクトで塩分摂取制限を主要テーマに定めている。 保健所中心の栄養教育、低塩調理室の運営、低塩食品生産を誘導する運動を繰り広げている。 これを通じて2000年に一日19.7グラムだった塩分摂取量は2004年には12.3グラムに減少した。

英国は2005年から主要食品群10種に対し、塩分含有量を10%減らす事業を実施している。 保健省と食品基準庁が2010年までに現在の塩摂取量9グラムを6グラムに減らす運動を繰り広げている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年12月02日 17:41
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国製薬社 ワクチン臨床試験に着手
NU'ESTが7年ぶりフルアルバム
ロゼ 二つのギネス世界記録認定
新型コロナ流行の「第4波」警告
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
韓国の新規コロナ感染者587人
きょうから屋内でマスク常時着用
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
アストラ製ワクチンの接種再開へ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]