韓国旅行「コネスト」 韓国航空業界が活路模索 大手は来月から国際線運航を一部再開。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国航空業界が活路模索 大手は来月から国際線運航を一部再開

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大の影響で運休や減便が続き1~3月期の業績が大幅に悪化した韓国の航空各社が、立て直しに向け動き出す。フルサービスキャリア(FSC)は貨物輸送に力を入れる一方、国際旅客便の運航を一部再開する構えだ。

 大韓航空は来月、米ワシントンとシアトル、カナダのバンクーバー、トロントの各路線の運航を50日ぶりに再開する。これで110の国際線のうち32路線(週146往復)を運航することになる。アシアナ航空も来月から国際線13路線の運航を再開する予定。全73路線のうち実際に運航する路線は27路線(週110往復)に増える。

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による混乱が続く中、国際線の旅客需要が速やかに回復しないとしても、出張などのビジネス需要と貨物需要を期待し、先手を打つ。

 一方、これまで供給過剰の状態にあり、値引き競争が激しかった格安航空会社(LCC)は、新型コロナウイルス禍収束後の戦略に頭を悩ます。現在の対応としては、各国の入国制限措置の緩和などを期待し、一部の路線で予約を受け付けている。

 最大手のチェジュ航空は、新たにアシアナ航空出身の専門家をトップに迎え入れた。イースター航空の買収や財務構造の改善などで陣頭指揮を執るとみられる。ただ、航空業界全体の打撃は深刻で、買収による相乗効果がどれほど得られるかは未知数だ。

 昨年下半期に国際線でシェア2位に浮上したティーウェイ航空は、他社との差別化を図るために中長距離路線に注力する計画で、その機材を導入する準備を進めている。

 だが、旅客需要は容易には戻りそうにない。証券アナリストは「感染状況が安定し、国際線運航が元に戻ってようやく、航空輸送各社の売上高が上向き始め、株価も上昇する」とし、感染状況が鍵を握るとの見解を示した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年05月19日 10:15

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
RAIN、公式YouTube開設へ
コロナ拡大で全国514校が登校中止
BTSのジョングク、ソロ曲を公開
映画「侵入者」が公開日に観客数1位
文大統領、土地・住宅購入
韓国のコロナ新規感染者39人
夏向きの飛沫防止用マスク 今日から
AB6IXヨンミンが活動中止
サムスントップの逮捕状を請求
北朝鮮の小中高生が登校開始
週間アクセスランキング
韓国航空業界に国際線再開の動き
20.05.30
パク・ボゴム、海軍軍楽兵に志願
20.06.02
チャン・グンソク 兵役終える
20.05.29
韓国、売れなかった免税品国内販...
20.06.01
薄い飛沫防止用マスクの供給開始
20.06.01
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]