安全な韓国旅行のための防疫ガイド
韓国旅行「コネスト」 新型コロナ再流行に備え 「呼吸器専門クリニック」千カ所運営へ=韓国政府。韓国の政治ニュース
KONEST

新型コロナ再流行に備え 「呼吸器専門クリニック」千カ所運営へ=韓国政府

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国政府は4日、新型コロナウイルスが秋や冬に再び流行するなど、事態の長期化に備えて「呼吸器専門クリニック」約1000カ所を設置し、運営することを決めたと明らかにした。

中央災難(災害)安全対策本部の金剛立(キム・ガンリプ)第1総括調整官(保健福祉部次官)はこの日の定例会見で、「政府と医療界は新型コロナウイルスの第2波の流行に備えて新たな医療利用システムを設ける必要があるとの認識で一致した」とし、「呼吸器専門クリニックを指定、運営して早期に呼吸器・発熱患者に対する体系的な診療システムを確立する」と述べた。

 呼吸器専門クリニックを別途指定、運営することにより、呼吸器疾患の患者を早期に診療でき、インフルエンザなど他の呼吸器感染疾患に対する安全な診療システムも備えることができる。診療対象となるのは持続的な発熱、せきや喉の痛みなどの症状がある患者で、重症患者や慢性閉鎖性肺疾患、ぜんそくなどの慢性呼吸器疾患の患者はこれまで治療を受けていた病院の利用が勧められる。

 政府の構想によると、呼吸器専門クリニックは大きく分けて二つの形で運営される。

 地方自治体が保健所や公共施設などを提供し、地域の医師が参加する「開放型」と、感染を防ぐ設備などを備えた医療機関を別途指定する「医療機関クリニック」だ。

 金氏は「まず公共機関、保健所を中心にクリニックを500カ所程度運営する」とし、「その後、地域の医師会や医療機関などの申し込みを受け付け、さらに500カ所程度を追加する予定だ」と説明した。 

 規模については、秋や冬に発生するかぜなどの呼吸器疾患の患者を専門的に治療するインフラがどの程度必要かを念頭に置き、具体的な数は医療界と協議して総合的に判断するとした。

 また政府はこの日午前、大韓医師協会、大韓病院協会と会議を開き、経営難に陥った医療機関の支援策を議論した。医療機関の財政支援のために当初5月分まで適用する予定だった「診療報酬の前払い」を6月分までもう1カ月適用することを決めた。

 金氏は「診療報酬が80%まで減少した事例があるなど、医療機関の経営が厳しい状況だと聞いた」とし、「前払いの拡大により、資金繰りに行き詰まった医療機関にかなりの助けになるとみている」と述べた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年05月04日 14:49
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ブラックピンクのユーチューブ人気
外国人がよく食べる韓国料理は?
BTSのロス公演 今日から開催
南アなど8カ国からの外国人入国禁止
新規コロナ感染者3,928人 
「妊娠後捨てられ」暴露に…俳優謝罪
全斗煥死去後も続く「追徴金戦争」
大晦日にソウルで年越しフェス開催へ
大統領29日にコロナ点検会議を開催
韓国の青年ニート172万人
週間アクセスランキング
「ソルビン」来年日本に再進出へ
21.11.22
パク・シネ 結婚と妊娠を発表
21.11.23
ソ・ガンジュン 兵役のため今日入隊
21.11.23
外国人団体観光客が免税店訪問
21.11.23
子役出身…パク・シネ夫婦の共通点は
21.11.24
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]