韓国旅行「コネスト」 <映画>『それでもボクはやってない』11日公開。韓国の芸能ニュース
KONEST

<映画>『それでもボクはやってない』11日公開

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
映画『それでもボクはやってない』は、日本の司法制度の問題点一つひとつ追求していく技法に誠実さがみられる。法的手続きはもちろん、弁護士をどうやって指名すればいいのかすら知らない一般人たちが経験する挫折やと不合理を、やや低いトーンで、しかし執拗に見せる。日本で日常みられる電車での痴漢を素材にしたことから意図が明確だ。ささいに見えても、生計型窃盗などと違い、公憤を促す悪質犯罪という点からだ。処罰されて当然のこの犯罪を通じて「10人の罪人を逃すとしても、1人の罪のない人を罰してはいけない」というメッセージを挑戦的に投げかける。主演の加瀬亮も好演をしたが、より印象的なのは青年の母親(もたいまさこ)だ。声を荒げることなく、無表情に近い顔で息子の裁判を見守るその姿が、法の前で感じる無力感をいっそう強く物語る。

『Shall we ダンス?』以後11年ぶりに新作を発表した周防正行監督はレンガを一つひとつ積み上げるように映画を作った。才能を誇示するための装飾に目もくれず、しっかりした構造に集中する。劇的な反転のようなものはない。物静かに積みあげた映画の力を通じて最後に胸が詰まるようなうっぷんを味わう。映画の中の場面には韓国の現状に似た点が少なくない。法曹界関係者たちにあまねく一見を勧め、反応を聞きたい映画だ。11日公開。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年12月01日 11:20
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]