韓国旅行「コネスト」 韓国で名作の再上映増える 新作映画の公開延期で=新型コロナ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国で名作の再上映増える 新作映画の公開延期で=新型コロナ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大を受けて新作映画の公開中止や延期が相次ぐ韓国で、名作、良作の再上映が増えていることが2日、分かった。複合映画館(シネコン)大手は4月も再上映作品をそろえた企画展を催す。

映画振興委員会の調べによると、1~3月の再上映作(上映回数40回以上)は130本で、前年同期(67本)のほぼ2倍に増えた。

 背景には新型コロナウイルスの感染拡大がある。韓国映画マーケティング社協会が会員企業24社を対象にアンケートを実施したところ、1~6月の公開を延期または中止した作品は75本に及ぶ。韓国映画が27本、輸入の外国映画28本、米ハリウッドの直接配給作品が20本。

 映画館側は代わりに、懐かしの映画を再上映している。

 シネコン最大手のCGVは4月2日から「誰かの人生の映画企画展2」として、韓国映画の「ビート」(原題)をはじめ、「生き残るための3つの取引」「リメンバー・ミー」「春の日は過ぎゆく」を、アイマックス館では「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」「アクアマン」を上映する。CGVアートハウスは8日まで「ザ・マスター」「偽りなき者」「アメリカン・ハッスル」など8本を上映中だ。

 ロッテシネマはジャンルごとに厳選した作品を再上映する企画展を催す。ロマンチック・コメディの「ブリジット・ジョーンズの日記」やアクションアドベンチャーの「ジュラシック・ワールド/炎の王国」、アニメーション「ミニオンズ」などをそろえた。また、韓国のインディーズ映画と芸術映画を紹介する企画展も準備した。

 メガボックスは9日からのアニメ企画展で、「劇場版 夏目友人帳~うつせみに結ぶ~」や「ご注文はうさぎですか??~Dear My Sister~」など12本を再上映する予定だ。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年04月02日 10:46

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
高麗の美 貴重な螺鈿漆器が日本から
韓国のコロナ新規感染者54人
日中韓の専門家がコロナ対応共有へ
改札通過のみで料金決済導入目指す
日本不買運動で輸入ビール市場激変
パラサイト俳優らがアカデミー会員に
ノ・ミヌ、綾瀬はるかとの熱愛否定
イ・ジュンギ、ドラマ期待の写真公開
BLACKPINKアルバムよりMV
韓国、週末に10万人が済州島へ
コロナ対策QRコード身元確認義務化
週間アクセスランキング
若者の怒り、仁川国際空港事態
20.06.26
イ・ジュンとチョン・ソミンが破...
20.06.26
韓国ドラマが日本で再ブーム
20.06.28
自主隔離違反の外国人3人に出国...
20.06.26
知英主演の日本映画が韓国で公開
20.06.26
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]