韓国旅行「コネスト」 仁川空港庁舎外のウォーキングスルー診療所、検体採取6倍速まる。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

仁川空港庁舎外のウォーキングスルー診療所、検体採取6倍速まる

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
仁川(インチョン)空港の屋外スペースに新型コロナウイルス感染症(コロナ19)検体採取のためのオープン型選別診療所(オープンウォーキングスルー型)ができた。消毒時間を削減し、5分に1人の割合で1日最大2000人を検査することができる。

26日、中央災難安全対策本部によると、この日午後1時から仁川空港第1、第2旅客ターミナルに各8カ所、計16カ所の検体採取ブースが設けられた。検査対象者が歩いて通りながら検体採取を受ける一種のウォーキングスルー方式で、オープンスペースに設置された診療所だ。

オープン型ウォーキングスルー診療所は屋外空間に壁のないテントの形で設置される。四方が空いており、自然の風を常時換気するのが特徴だ。

空間が開放されているため接触面による感染の可能性も低いというのが当局の説明だ。一般の選別診療所は症状のある人が密閉された空間の中で検体採取を受けるため、空間を消毒して初めて他の有症状者の検査が可能だった。空間全体を消毒するのに10~15分程度の時間がかかり、通常30分に1人ずつしか検査できない。

このような時間が削減されるため検査速度がはるかに速まる。中央事故収拾本部のユン・テホ防疫総括班長は「一般的な選別診療所は1時間に2~3人、ドライブスルー検査の場合は1時間に6~8人程度の検体を採取している」とし「オープン選別診療所は1時間に12人ほどの検体採取が可能」と述べた。4~5分に1人の割合で採取が可能になるのだ。この選別診療所は無症状の欧州から入国した外国人全体と米国から入国した短期滞在の外国人を対象とする。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年03月27日 11:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
韓国の新規コロナ感染者735人
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
イ・ボヨン主演ドラマ5月にスタート
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]