韓国旅行「コネスト」 アイデア・低料金で不況を乗り越える店(1)。韓国の経済ニュース
KONEST

アイデア・低料金で不況を乗り越える店(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
不況で冷え込んだ消費心理を回復させる方法はないのか。 家計の支出のうち外食費を真っ先に減らす家族が増える中、これは外食業界の課題になっている。

10年以上前から住宅密集地域で食堂を経営してきたキム・ホンチャンさん(47)は先日、業種を変えた。 「33平方メートルの店舗で通貨危機当時も一日平均60万ウォン程度の売上を記録していたが、今年の春からは40万ウォンに落ちている」。外食を控える代わりに安い料理の出前が増えると考えたキムさんは、2500万ウォン(約17万円)を投資し、出前専門のチキン店「カンジョンイキガマッキョ」(www.gangjung.com)ソウル・ヤンピョン店をオープンした。 現在、一日90万ウォンの売上があるという。

◆住宅街よりオフィス密集地へ=会社員にとって昼食代はなくせない費用だ。 5000ウォン前後で一食を済ませるチゲ(鍋)専門店は不況時にも売上の変動がほとんどない業種。 06年にソウル江南(カンナム)オフィス密集地域でチゲ専門店「チゲエカムドン」駅三(ヨクサム)店(www.zzigae.com)をオープンしたソン・サンホさん(38)は「最近の売上は前年に比べて10%ほど増えている」と話した。 売上増加の要因は、負担にならない価格と飽きないメニューだ。 キムチチゲ、チョングッチャン、テンジャンチゲなどのチゲ類にナムル類が付く。 ここは会社員の会食場所としても人気がある。 ソンさんは「雨の日はドンドン酒(伝統酒)無料サービス」「水曜日はおつまみ無料提供」などのイベントやクーポンで客を増やしている。

京畿道安養市(キョンギド・アニャンシ)のオフィステルでチュオタン(ドジョウ汁)専門フランチャイズ「ナムォンゴル・ミダンチュオタン」(www.midang.co.kr)を経営するオ・ヨンロクさん(36)もオフィスビル入居の長所を実感している。 オさんは「最近は接待に利用する客が増えている」とし「一食の値段で、栄養もあり、安い料理という感じもしないため」と話した。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年11月25日 18:47
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]