ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 新型コロナ 韓国映画界を直撃=50作品以上が公開日決められず。韓国の芸能ニュース
KONEST

新型コロナ 韓国映画界を直撃=50作品以上が公開日決められず

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】「今のような状況ではアベンジャーズが押しかけてきても観客は入らないでしょう」――。

新型コロナウイルスの感染が拡大している韓国のある映画関係者の嘆きだ。

 同ウイルス感染拡大の影響で、韓国内の映画館は事実上の開店休業状態になっている。映画振興委員会の集計によると、3日の全観客数は5万9895人で6万人を割り込み、16年ぶりの低水準となった。

 配給会社は2~3月に予定していた新作の公開を相次いで延期したが、焦りの色を隠せずにいる。新型コロナウイルスの猛威がいつ収まるのか見当がつかない状況で公開日を決めることも、公開をひたすら先延ばしすることもできないためだ。

 3~4月の公開を目標としていたが、いまだに公開日が確定していない作品は50本を超える。既に公開を延期した作品も含まれる。今年の下半期または来年上半期の公開を検討している配給会社もある。

 ある配給会社関係者は、今の状況で作品を公開しても損益分岐点を超えることができないことは明白だが、繁忙期の5~10月に延期することもできないと話す。通常、閑散期の3~4月に公開される映画は相対的に規模が小さく、繁忙期に公開される大作との競争は容易ではないという。

 こうした見方は、新型コロナウイルスの感染拡大が収まっても、観客数が以前の水準に戻るまでには時間がかかるとの見通しも反映されている。2015年の中東呼吸器症候群(MERS)流行時には、政府の終息宣言後も映画館の営業が正常化するまでに2カ月を要した。

 新作映画の撮影日程にも支障が出ている。ある製作会社の関係者は「万一、撮影期間中に新型コロナウイルスの感染者が発生したときは撮影自体が中止になる。撮影を控えた映画の場合、状況を注視しながらクランクインを延期するという状況に置かれている」と説明した。

 このため、来年上半期に韓国映画の「新作空白期」が訪れる可能性もあるとの見方も出ている。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年03月04日 12:30
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国EC企業 日本のヤフーと連携
HYBEが、AI企業を買収
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
マスク義務解除初日 顔に慣れない
業務特化型ロボットに夢中の大手企業
トゥワイスK-POP初 米で受賞へ
ル セラフィム 日本オリコン1位
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
ジンエアーが四半期ベースで黒字に
BTS「IDOL」日本プラチナ達成
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]