韓国旅行「コネスト」 女優チョン・ジヒョン、人気作家のドラマ『智異山』の主人公でカムバック。韓国の芸能ニュース
KONEST

女優チョン・ジヒョン、人気作家のドラマ『智異山』の主人公でカムバック

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の女優チョン・ジヒョンが4年余りの空白期を破ってお茶の間に戻ってくる。

あるドラマ局関係者は3日、韓国メディアのニッカンスポーツに「チョン・ジヒョンがドラマ『智異山(チリサン)』(仮題)の主人公として、早ければ今年末か遅くとも来年初めにカムバックする」と明らかにした。

『智異山』はタイトルからも分かるように、智異山を舞台にしたドラマで、脚本はキム・ウニ作家が担当する。キム・ウニ特有の筆力がにじみ出る作品として、すでに放送関係者の間では今年最高の期待作に挙げられている。

昨年、Netflix(ネットフリックス)『キングダム2』(原題)の収録に参加したチョン・ジヒョンは、これがキム・ウニ作品への初めての出演となった。将来は『キングダム3』の主人公として登場するのではないかという予測が出るほど、『キングダム2』のエンディングを大いに盛り上げて期待を集めていたチョン・ジヒョンだったが、キム・ウニとの再会は『キングダム3』ではなく『智異山』となった。

チョン・ジヒョンは2013年に放送された『星から来たあなた』のチョン・ソンイ役で13年ぶりにドラマ出演、「チョン・ソンイ・シンドローム」を巻き起こして華やかに復帰した。翌年の百想芸術大賞テレビ部門とSBS演技大賞でそれぞれ大賞に輝くなど完ぺきな帰還だった。2016年『青い海の伝説』以降、約4年の空白期を経て帰ってくる。

キム・ウニは『サイン』『ファントム』『スリーデイズ~愛と正義~』などに続き、ジャンル物の一線を画した『シグナル』をヒットさせた。Netflix『キングダム』シリーズを2シーズン担当し、今回はミニシリーズの台本を書いている。すでにシノプシスが出てきて台本作業に入った。

『智異山』は今年下半期の撮影を目指して現在キャスティング作業中だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年03月03日 15:29
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
韓国の新規コロナ感染者735人
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
イ・ボヨン主演ドラマ5月にスタート
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]