韓国旅行「コネスト」 女優チョン・ジヒョン、人気作家のドラマ『智異山』の主人公でカムバック。韓国の芸能ニュース
KONEST

女優チョン・ジヒョン、人気作家のドラマ『智異山』の主人公でカムバック

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の女優チョン・ジヒョンが4年余りの空白期を破ってお茶の間に戻ってくる。

あるドラマ局関係者は3日、韓国メディアのニッカンスポーツに「チョン・ジヒョンがドラマ『智異山(チリサン)』(仮題)の主人公として、早ければ今年末か遅くとも来年初めにカムバックする」と明らかにした。

『智異山』はタイトルからも分かるように、智異山を舞台にしたドラマで、脚本はキム・ウニ作家が担当する。キム・ウニ特有の筆力がにじみ出る作品として、すでに放送関係者の間では今年最高の期待作に挙げられている。

昨年、Netflix(ネットフリックス)『キングダム2』(原題)の収録に参加したチョン・ジヒョンは、これがキム・ウニ作品への初めての出演となった。将来は『キングダム3』の主人公として登場するのではないかという予測が出るほど、『キングダム2』のエンディングを大いに盛り上げて期待を集めていたチョン・ジヒョンだったが、キム・ウニとの再会は『キングダム3』ではなく『智異山』となった。

チョン・ジヒョンは2013年に放送された『星から来たあなた』のチョン・ソンイ役で13年ぶりにドラマ出演、「チョン・ソンイ・シンドローム」を巻き起こして華やかに復帰した。翌年の百想芸術大賞テレビ部門とSBS演技大賞でそれぞれ大賞に輝くなど完ぺきな帰還だった。2016年『青い海の伝説』以降、約4年の空白期を経て帰ってくる。

キム・ウニは『サイン』『ファントム』『スリーデイズ~愛と正義~』などに続き、ジャンル物の一線を画した『シグナル』をヒットさせた。Netflix『キングダム』シリーズを2シーズン担当し、今回はミニシリーズの台本を書いている。すでにシノプシスが出てきて台本作業に入った。

『智異山』は今年下半期の撮影を目指して現在キャスティング作業中だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年03月03日 15:29
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新羅ステイ三成4月1日オープン
韓国総選挙の在外投票始まる
「タルチュム」、無形文化遺産に申請
汝矣島漢江公園、週末に駐車場閉鎖へ
韓国のコロナ感染者、首都圏で増加
ソン・ヘギョ、人形のようなルックス
BTS事務所、営業利益が過去最高
韓国作家、世界的な児童文学賞を受賞
中高は遠隔授業開始、幼稚園は休園
4/1から入国者を2週間の義務隔離
週間アクセスランキング
日本人へのビザ免除停止継続か?
20.03.27
韓国で一番食べられているチキン...
20.03.27
新型コロナで観光客が急減
20.03.27
ユンホ、マスクデザイン特許出願
20.03.27
歌手IU、セクシーなワンピース姿
20.03.27
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]