韓国旅行「コネスト」 俳優イ・ミンホ、新型肺炎関連で「スケールの大きい」3億ウォン寄付。韓国の芸能ニュース
KONEST

俳優イ・ミンホ、新型肺炎関連で「スケールの大きい」3億ウォン寄付

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
俳優イ・ミンホが3億ウォン(約2700万円)を寄付した。

イ・ミンホと彼の所属事務所MYMエンターテインメントは寄付プラットホーム「プロミズ(PROMIZ)」を通じて新型肺炎に関連した寄付金3億ウォンを社会福祉共同募金会、国際救護開発NGOグッドネイバーズ(GOOD NEIGHBORS)、希望ブリッジ全国災害スローガン協会、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、緑の傘子ども財団の他に韓国児童協会3カ所を含む計8機関に伝達した。

今回の寄付がさらに特別な理由はイ・ミンホが俳優個人の名前でないファンたちとともに分かち合いを実践しているプロミズを通じて密かに寄付を進めたという点だ。困難も喜びもともに体験して克服し、ともに生きていこうという共生の価値に基づいて多くの人々が自発的に心を集めることに参加したとのことが大きい意味を持つためだ。

該当寄付金は大邱(テグ)・慶北(キョンブク)をはじめ、全国で支援が必要な低所得層・免疫脆弱階層の子供の感染予防に向けた個人衛生用品と新型肺炎治療のために苦労する医療スタッフのための防疫用品を購入することに早急に使われる予定だ。

プロミズは「地域社会への感染拡散防止および免疫脆弱階層の子供が安全に保護されることを願う気持ちで寄付を決心した」として「保健用マスクなど必須防疫物品の購入に困難を強いられている家庭に少なくとも役に立って新型肺炎の危機を克服し、子供たちが元気に成長できるように願う」と伝えた。

その芸能人にそのファンだ。イ・ミンホのファンクラブ「ミノズ(MINOZ)」も新型肺炎によって生計を立てられず苦痛を受けている低所得層の被害克服を助けるためにコメ7.5トンを寄付した。該当物品は適切な食事とケアが必要な死角地帯に置かれた子供および青少年が属した家庭に伝えられる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年03月03日 09:49
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国総選挙の在外投票始まる
「タルチュム」、無形文化遺産に申請
汝矣島漢江公園、週末に駐車場閉鎖へ
韓国のコロナ感染者、首都圏で増加
ソン・ヘギョ、人形のようなルックス
BTS事務所、営業利益が過去最高
韓国作家、世界的な児童文学賞を受賞
中高は遠隔授業開始、幼稚園は休園
4/1から入国者を2週間の義務隔離
チャンミン、ソロアルバムで魅力発揮
週間アクセスランキング
日本人へのビザ免除停止継続か?
20.03.27
韓国で一番食べられているチキン...
20.03.27
新型コロナで観光客が急減
20.03.27
ユンホ、マスクデザイン特許出願
20.03.27
歌手IU、セクシーなワンピース姿
20.03.27
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]