韓国旅行「コネスト」 インド映画製作者「映画「パラサイト」がわが映画を盗作」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

インド映画製作者「映画「パラサイト」がわが映画を盗作」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
インドでポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』が現地の映画を盗作したという主張が提起された。

17日、インディアトゥデイ、TNN通信など現地のメディアはインドの映画製作者、PLテナパン氏がポン・ジュノ監督の『パラサイト』をめぐって自身の映画を盗作したとして訴訟を準備中という便りを伝えた。

報道によると、1999年『MinsaraKanna』(監督K.S.ラビクマル)を製作したテナパン氏はこの映画と『パラサイト』が構成的な側面で似ているとし「アカデミー授賞式後『パラサイト』を見たが、わが映画の内容と似ていた」と主張した。引き続き「現在、チェンナイにいる弁護士と協議を終え、国際弁護士を選任して2~3日内に告訴をするかどうかを決めるだろう」と伝えた。

だが、テナパン氏は具体的に『パラサイト』のどの部分が『MinsaraKanna』を盗作したのかは明らかにしなかった。彼は「法廷にすべてを調べさせよう」として「法廷で判断されるだろう」と話した。同時に、「韓国の映画製作者がタミル語を駆使する映画製作者に訴訟を起こした事例がある」と付け加えた。

1999年公開された『MinsaraKanna』はインド南部の言語であるタミル語で製作されたロマンチックコメディ映画だ。K.S.ラビクマルが監督を引き受けた。映画製作会社はKRGムービーインターナショナルであり、公式製作者はK.R.カンガダランだ。

TNN通信は『パラサイト』が10日、第92回アカデミー授賞式で作品賞など4冠を獲得すると、SNSで『パラサイト』と『MinsaraKanna』のストーリーラインが似ているという文章が掲載されたと明らかにした。

これに対してラビクマル監督は「まだ『パラサイト』を観ていない」とし「訴訟はプロデューサーが決めること」と話した。彼は『MinsaraKanna』が『パラサイト』にインスピレーションになったといってもそのストーリーがオスカー賞を受けてうれしいと伝えた。

『MinsaraKanna』は愛を勝ち取るために身分を隠して恋人の家で警護員として働く男性の話を描いた。男性の弟と妹もその家でそれぞれ召使いと料理人として働きながら共に生活する。男性は百万長者の息子であり、その恋人は裕福な事業家の妹で過保護を受けているという設定だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年02月18日 07:54
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
韓国の新規コロナ感染者735人
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
イ・ボヨン主演ドラマ5月にスタート
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]