韓国旅行「コネスト」 「手の届くすべてを拭いている」…世界が賞賛した仁川空港の防疫。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「手の届くすべてを拭いている」…世界が賞賛した仁川空港の防疫

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
米国の放送局の記者が仁川(インチョン)国際空港の新型コロナウイルス感染症対策の管理を賞賛した映像がソーシャルメディア(SNS)で話題だ。ABCのボブ・ウッドラフ記者は先月末、中国武漢から出発して仁川空港に入る様子を撮影した。映像は55秒に編集された。

ウッドラフ記者は中国・武漢空港を出発し、「中国現地の団体観光客の搭乗は禁止された」と説明した。出国審査を終えて飛行機に乗った記者は「すべての乗客がマスクを着用している」と内部の様子を見せた。仁川空港の到着ロビーの動画には空港関係者が乗客の体温を測る様子などが映っている。ウッドラフ記者は「(乗客は)ウェットティッシュをもらい、肌を清潔に拭くことができた」と語った。記者が手に取ったウェットティッシュには疾病管理本部コールセンターの番号「1339」が書かれていた。空港の清掃員が空港内の水平型エスカレーターの手すりを掃除する様子も見られる。ウッドラフ記者は「彼らはすべてを拭いている。人々の手がどこに触れようと、確実に消毒されることを願っているようだ」と紹介した。

ABC放送は先月22日、動画を同社のソーシャルメディアなどで公開した。タイ語話者のユーザーが仁川空港の動画をツイッターに上げると新型コロナの憂慮が大きいアジアを中心に注目を浴びた。このユーザーは「タイでもこのような様子が見たい」と書いた。

仁川空港は先月24日、感染症緊急対策本部を稼動し、空港施設の消毒・防疫など衛生管理を強化した。空港側は旅客施設・到着ロビー・出発ロビーなどを1日3回ずつ消毒し、電動車のハンドルなどは1日4回に消毒回数をさらに増やしたと説明した。また、中国発の航空機で到着したすべての乗客にマスクと手の消毒剤など衛生用品を配っている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年02月11日 13:50
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大型マートにチャパグリコーナー登場
脱北者による新党設立推進へ
IZ*ONEがアルバム初週記録更新
マスク売れ行きがMERS時を上回る
BTSアルバム予約、402万枚突破
少女時代のソヒョン、制服姿を披露
クォン・サンウ、熱愛時代の写真公開
「パラサイト」がインド映画を盗作?
韓国の冬の珍味「メセンイ」とは?
ヒョンビンドラマ最高視聴率を記録
週間アクセスランキング
コロナウイルス対応・日本語ポス...
20.02.13
半地下とは?住宅から半地下カフ...
20.02.14
「パラサイト」出演者らが凱旋帰...
20.02.12
食堂のテーブルにお箸がなかった...
20.02.14
新型肺炎で外食控え 豚肉価格が...
20.02.14
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]