ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 ポン・ジュノ監督「18年間構想中の次期作、ソウルで発生する災難ホラー」。韓国の芸能ニュース
KONEST

ポン・ジュノ監督「18年間構想中の次期作、ソウルで発生する災難ホラー」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
第92回アカデミー授賞式を征服したポン・ジュノ監督の次期作に関心が集まっている。

ポン監督は最近、多数のインタビューで次期作に関する質問を受けるたびに韓国語映画と英語映画、2つを準備していると明らかにした。両方とも実話からインスピレーションを受けたもので『パラサイト 半地下の家族』〔以下『パラサイト』、製作費150億ウォン(約14憶円)〕程度の規模で構想中だと答えた。

各種インタビューによると、韓国語映画はソウルの真中で起きる恐ろしい事件を扱う。2001年着目した後、18年間構想中だ。

ポン監督は「私のすべての作品がそうであるように、ジャンルが曖昧だ」としながら「あえて説明すれば、ソウルで災難が発生するホラーアクション」と紹介した。また「ニューヨークやシカゴで撮影できる映画ではない」とし、「すべての歩行者が同じ肌色を持ってこそ成立できる」というヒントを残した。

英語映画は2016年に見たCNNニュースからアイディアを得られたと話した。当時ロンドンで起きた実際の事件に基づいたシナリオを準備しているというのがポン監督の説明だ。

2つの中でどの作品を先に始めるかは決まっていない。ポン監督は「ストーリーを熟成させてリサーチを準備する過程で話がどのように流れていくかによってどちらを先にするのか決まるだろう」として「今年4月、あるいは5月ごろには確定しようと思っている」と明らかにした。

ポン監督は『パラサイト』を米国HBOドラマとして制作する作業にも参加する。映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』『バイス』の演出を手掛けたアダム・マッケイとともに責任プロデューサーとして参加した。

ポン監督はドラマに細部的なエピソードを入れるものとみられる。韓国を背景にするか、英語に脚色するかなどはまだ決まっていない。

ポン監督は「『パラサイト』のシナリオを書く時から各人物をはじめ、シーンとシーンとの間の話に関するアイディアがあった」とし「(シリーズを)6時間の映画のように作りたいと思っている」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年02月11日 11:52
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者14,018人 
詩人尹東柱偲ぶ献花式 同志社大で
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
曺国元法相に懲役2年実刑判決
BTS育ての親が特別賞受賞
SMエンタ プロデュース体制転換
疲れ果てる韓国の看護師たち
梨泰院雑踏事故から100日
日韓市民がマスクを外さない理由
「スラムダンク」 漫画も人気=韓国
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
23.01.31
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
23.01.31
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]