ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 「日本でも大ヒット」…『パラサイト 半地下の家族』100万人突破・14億円収益の「大当たり」。韓国の芸能ニュース
KONEST

「日本でも大ヒット」…『パラサイト 半地下の家族』100万人突破・14億円収益の「大当たり」

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
日本でも韓国映画『パラサイト 半地下の家族』が大ヒット中だ。

6日、日本の主要メディアが「先月10日に日本で公開された『パラサイト 半地下の家族』が5日基準で累積観客数100万人を突破した」と一斉に報じた。

報道によると「『パラサイト 半地下の家族』」の現地興行収入は14億円を突破した状況。純粋な韓国映画の興行収入が10億円を突破した作品は、2005年に公開されたチョン・ウソン、ソン・イェジン主演の『私の頭の中の消しゴム』以来、実に15年ぶりのことで『パラサイト 半地下の家族』への熱い関心が確認できる。

「『パラサイト 半地下の家族』」は公開4週目も根強い人気の中、観客を動員している。1日と2日にも観客数および興行収益が前週より高い101%を記録した。

特に公開から初めての週末に5位で日本観客動員数上位にランクインした『パラサイト 半地下の家族』は先月21日、日本映画『カイジ ファイナルゲーム』、『ラストレター』をはじめ、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、『アナと雪の女王2』などをすべて抑えてボックスオフィス1位を占めるという快挙を遂げた。

ポン・ジュノ監督とソン・ガンホは「100万人、ありがとう」と書かれたメッセージで感謝を伝えた。この写真は日本メディアを通じて公開された。メディアは「『パラサイト 半地下の家族』は第92回アカデミー賞6部門にノミネートされた作品」と紹介し、「ポン・ジュノ監督とソン・ガンホが日本でのヒットを共に喜んだ」と述べた。

同作は10日午前10時(韓国時間)に米国LAで開催される第92回アカデミー賞授賞式で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞(旧外国語映画賞)、編集賞、美術賞の計6部門にノミネートされ、多冠王を狙いつつ待望のオスカーレースを締めくくる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2020年02月07日 11:39
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者23,612人
EPIK HIGH2月にアルバム
1人当たりコメ消費量が過去最少
MOMOLAND事務所と契約終了
LG電子の22年売上高が過去最高
南北統一の重要性も強調=尹大統領
国民年金 2055年に積立金枯渇
乳幼児コロナワクチン接種 来月開始
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
SHINeeオンユ 東京コンサート
週間アクセスランキング
ソウルの最低気温氷点下16.4℃
23.01.24
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
旧正月・中秋節ストレス要因1位は?
23.01.22
昨年12月訪韓外国人日本人が最多
23.01.22
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]