韓国旅行「コネスト」 在外韓国文化院長らが来月ソウルで会議 韓流拡大策議論。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

在外韓国文化院長らが来月ソウルで会議 韓流拡大策議論

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】世界各国に韓国文化を広めている在外韓国文化院のトップが集まる「2020年在外文化院長・文化広報官会議」が来月3~6日、ソウルの大韓民国歴史博物館と国立世宗図書館で開かれる。

 各国の在外文化院長、文化広報官42人のうち35人が出席する予定だ。

 文化体育観光部長官が主宰するワークショップでは、この1年間に優れた成果を上げた事例を共有し、韓流の前線基地としての文化院の役割を議論する。

 また、文化院の職員らの勤務環境改善や予算・会計を体系的に運営するための専門家の講義なども行われる。

 このほか、韓流支援政策を統括する文化体育観光部の主要政策方針と事業内容を共有し、韓流拡散の主体としての在外文化院の役割を強化するための方策を協議する。

 文化体育観光部は、韓流政策と協業事業を議論する汎政府機関の韓流委員会を2月に発足させる。

 在外韓国文化院は1979年に東京とニューヨークで初めてオープンし、現在は世界32カ所に開設されている。近年の韓流ブームを受けて韓国料理、ハングル、伝統文化などの韓国文化に対する世界の関心が高まるにつれ、韓国文化院の役割も広がっている。

 海外文化広報院の金泰勲(キム・テフン)院長は「韓流が大衆文化を超えて持続できるようにするため、文化院の役割は非常に重要だ」としながら「国内外の文化芸術機関と緊密に協力し、体系的な支援システムを構築したい」と述べた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年01月30日 13:50

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、外出自粛で通販取引が増加
外国人の全入国者に「活動範囲制限」
BTS事務所、プロデューサー募集
韓国の新型コロナ感染者1万人超
元KARA知英、交通事故被害に遭う
ジェジュン、日韓の活動にブレーキ
新世界免税店、売り場5カ所臨時休業
TWICEサナ、初の表紙モデルに
コロナの自主隔離違反、摘発52件
苦境のLCC、国内線拡大で活路模索
週間アクセスランキング
ソン・ヘギョ、人形のようなルッ...
20.04.01
韓国のコロナ感染者、首都圏で増...
20.04.01
東大門、賃貸料0ウォンでも店入...
20.04.02
チャン・グンソク母親、海外で脱...
20.04.01
TWICEサナ、初の表紙モデルに
20.04.02
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]