韓国旅行「コネスト」 「観光拠点都市」に釜山など5自治体 ソウル一極集中緩和へ=韓国政府。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「観光拠点都市」に釜山など5自治体 ソウル一極集中緩和へ=韓国政府

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の文化体育観光部は28日、外国人客のソウル集中の緩和に向けた「観光拠点都市」育成事業の対象地として、釜山市、江原道江陵市、全羅北道全州市、全羅南道木浦市、慶尚北道安東市の5都市を選定したことを発表した。このうち、釜山市は「国際観光都市」、その他の4都市は「地域観光拠点都市」と定め、今年から本格的に事業を推進する。

政府は同事業に今年、総額159億ウォン(約14億7000万円)の国費を投じる。国際観光都市に43億ウォン、地域観光拠点都市にそれぞれ21億5000万ウォンを支援する。

 向こう5年間の支援額や詳細な事業内容は、各都市の計画を基に確定させるという。

 事業1年目の今年は外国人客のニーズを踏まえて都市観光全般に対する基本計画を策定し、都市観光の環境整備などを進める。観光地を循環する交通システムを構築するなどしてアクセス向上を図るとともに、宿泊施設を拡充し、免税店での税金即時還付などでショッピングもより便利にする方針だ。

 釜山市は、多彩なフェスティバルと歴史・文化を活用した事業内容が優秀で、政策への理解が深いとの評価を受け、国際観光都市に選定された。優れた観光インフラ、海に面しているという地理的利点を生かし、将来的に南部エリアの国際的なゲートウェイ都市となることが期待されている。

 江原道江陵市は平昌冬季五輪の遺産をはじめ、伝統文化や自然環境を活用して東海岸エリアの観光拠点に成長すると見込まれた。

 韓屋(韓国の伝統家屋)村などを持つ全羅北道全州市は、全羅北道内の自治体と協力して観光商品を企画するといった地方観光拠点としての役割を高く評価された。

 また、全羅南道木浦市は近代歴史文化、飲食文化コンテンツ、島など、地方に特化した資源の潜在力などを評価された。

 儒教文化の観光資源を活用した事業ビジョンを提示した慶尚北道安東市は、慶尚北道内の自治体との協力により内陸観光拠点に発展する潜在力を認められた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年01月28日 14:30
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
イ・ボヨン主演ドラマ5月にスタート
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]