韓国旅行「コネスト」 バス・タクシーのアイドリングをストップ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

バス・タクシーのアイドリングをストップ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 市内バスやタクシーが走行中に信号や停留所で停車する際にエンジンが自動で停止する装置が導入される。エンジンのアイドリングを抑制し、燃料費節約と、ばい煙や温室効果ガスの排出を減らすことが目的だ。

環境部とソウル市は23日、今月末から5カ月間にわたり、ソウル・京畿道(キョンギド)・仁川(インチョン)の市内バス・タクシー75台に‘アイドリングストップ装置’を取り付けテスト運行を実施すると明らかにした。テスト運行を通じて事故の危険や乗客の不便などを点検し、問題がないことが確認されれば来年から拡大していく予定だ。

アイドリングストップ装置は、ギアをニュートラルにして5秒以上停止状態が続くとエンジンが停止し、ギアを入れ変えるとスタートするもの。クラッチと速度計などから送られる電子信号を受け自動で作動する。1台当たりの価格は60万ウォン(約3万8500円)程度だ。

ソウル市のチャン・マンス自動車公害チーム長は、「バスに装置を取り付け実験した結果、少なくとも10%の燃料費が節約されることが示された。エンジンを止めて再始動する際に温室効果ガスが出るが、1回平均40秒のアイドリングを減らせることを考えると温室効果ガス削減の効果のほうが大きい」と話す。

チャンチーム長は、「車両が止まるからと無条件でエンジンが止まるのではなく、ギアをニュートラルにし速度計がゼロの状態が5秒以上続くという条件がある。したがって交通渋滞で短時間だけ車が止まってもエンジンは止まらない」

ソウル市はこの装置を製作するメーカー6社をパイロット事業対象に選定し、このうち5社はバス、1社はタクシーを担当するようにした。成果があると判断されれば来年に市内バス500台にアイドリングストップ装置を装着し、2010年以降は8000台のすべての市内バス・マウルバス・タクシーに普及拡大を検討することにした。ソウルのすべての市内バスがこの装置を取り付け燃料費を10%節約すると、年間で300億ウォン相当の節約効果が期待できるとソウル市は説明している。

日本では2003年にアイドリングストップ装置が普及し、現在100万台以上がこの装置を取り付けている。一般消費者がこの装置を付けた車両を購入する場合、日本では政府が装置の価格の半額程度(20万~60万ウォン)を補助している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年11月24日 08:08
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BOF パークコンサート出演者決定
ソウル市長 政府と異なる防疫措置
ブラックピンク 登録者数世界2位に
スター着用衣装など 韓服展示会開催
ユン・ヨジョン、授賞式前に思い語る
韓国の新規コロナ感染者542人
政府 コロナへの特別対策を策定
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
12日から屋内でマスク常時着用
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]