ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 韓国の「PM10」 19%は中国発=大学研究チームが分析。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国の「PM10」 19%は中国発=大学研究チームが分析

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】中国・デューク昆山大の助教授で環境・健康経済学者のキム・ムンジュン氏率いる研究チームは9日、2006年から14年にかけて韓国の16市・道で観測された粒子状物質「PM10」に対する中国の影響を分析した結果を発表した。

 研究チームが各市・道の日別のPM10濃度と、これに影響を与える気候データ(気温、降水量、風速)を基に実証分析モデルを構築して試算した結果、韓国国内のPM10のうち、中国の影響によるものは年平均約19%と推定された。季節別では春が17%、夏が30%、秋が12%、冬が21%と差があった。

 PM10は直径10マイクロメートル以下の微粒子で、より小さい直径2.5マイクロメートル以下の微粒子はPM2.5と呼ぶ。韓国ではこれらによる大気汚染が深刻化している。

 中国で石炭火力発電を利用した暖房の使用が増える冬や、黄砂が発生する春よりも、韓国国内のPM10濃度が比較的低い夏の方が中国の影響を大きく受けていることについて、研究チームは「これまでの研究論文を踏まえると、毎年夏に中国で行われるわら焼きが関係している可能性が高い」と説明している。

 韓国のPM10濃度に最も大きな影響を与える風向きとしては、「南西の風」を挙げた。従来は、中国の主な工業団地が集まる北京・天津・河北省や、砂漠が広がり黄砂の発生源とされる内モンゴル側から吹く「北西の風」が韓国のPM10濃度に最も大きな影響を与える風向きと考えられていた。

 キム氏は、粒子が小さく、より風に飛ばされやすいPM2.5については、韓国の全国単位のデータ収集が15年から始まったため今回の研究対象から外したと説明。「仮にPM2.5まで考慮するなら、韓国国内の粒子状物質発生に与える中国の影響ははるかに大きくなるはずだ」と話した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2020年01月09日 11:56
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大韓航空 22年通期は過去最高
役員も「さん」付け 水平文化目指す
対馬の盗難仏像 日本への返還命じる
「スラムダンク」再版 60万部突破
「契約金支給」シム・ウナ復帰説
韓国・現代建設 日本の碩学迎え強化
BTS 米キッズ・アワード候補に
ソウルタクシー 今日から料金値上げ
韓国の汚職清潔度31位 日本18位
ソン・ジュンギも、多文化家庭の恩恵
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
23.01.31
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]