韓国旅行「コネスト」 低所得層に2カ月間暖房費を支援。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

低所得層に2カ月間暖房費を支援

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
政府とハンナラ党は20日、国務総理公館で高位党政調会議を開き、低所得層に暖房費・教育費・失業給与などを支援することを決めた。基礎生活受給者の基準も緩和する。

政府は今年7160億ウォンを投入するなど来年3月まで2兆1988億ウォンを集中的に支援することにした。まず受給者の中・高生の子供に支援した副教材費、学用品費(教育給与)支援を、小学校の子供にまで拡大する。政府は受給者の小学生に12月に7万6000ウォンの教育給与を支給する計画だ。

各種施設で生活する受給者8万6000人には月6万ウォンずつ2カ月(11~12月)間、5万6000カ所の地域老人福祉施設には月38万ウォンずつ3カ月(10~12月)間、暖房費を支援する。

基礎生活保障制度の扶養義務者の基準も緩和する。基礎生活保障受給者に選定されるには扶養義務者(4人家族)は月所得225万ウォン、財産9500万ウォン未満でなければならないが、11月からは財産基準が1億2600万ウォンに緩和される。1万5000世帯が追加で受給者に選定されるものと予想される。

12~2月まで低所得層幼稚園児の一日保育運営費を月8万ウォン支援し、生活困難と韓国語が不自由な多文化家庭の子供とその保護者を対象に、無料冬休みプログラムを提供する。就業に困難をきたしている青年のためには、来年1万人を対象に84億ウォンを投入して「青年層ニュースタートプログラム」を施行する。

ノ・ギルサン保健福祉家族部福祉政策官によると「国内経済の不安で低所得層の生活水準が急激に低下されるものと予想される。低所得層のための生活安定対策を用意した」ということだ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年11月21日 09:13
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大手事務所サイダスHQ代表が辞任へ
ザ・現代ソウル、英誌でデザイン賞
韓国の新規コロナ感染者511人
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
今月の少女、文化海外広報大使に就任
全斗煥元大統領が控訴審初公判を欠席
釜山ワンアジアフェス1300万視聴
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]