韓国旅行「コネスト」 韓国、5年以内に新規外国人観光客増やし、都心型航空交通も活性化。韓国の旅行ニュース
KONEST

韓国、5年以内に新規外国人観光客増やし、都心型航空交通も活性化

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国では今後5年間、外国人観光客を増やすための航空・観光融複合政策が推進される。該当の空港と地域だけで楽しめるスポットやイメージなど、空港別のブランドを創出するという意味だ。また、ドローンタクシーなど未来都心型航空モビリティー(UAM、Urban Air Mobility)育成のための投資も段階的に推進される。

韓国の国土交通部は31日、このような内容を取りまとめた「第3次航空政策基本計画(2020~2024年)」を確定して告示した。航空政策基本計画は航空運送、安全、空港開発、保安などを総合する航空分野の法定最上位計画として、2010年に第1次計画が策定された。

第3次基本計画によると、持続可能な航空需要を創出するために、従来のアウトバウンド(内国人出国)中心からインバウンド(外国人訪韓客)の新規需要誘致のための政策を強化するなど、航空・観光融複合政策を推進していく方針だ。

また、2025年の都心型航空交通の実用化を目指して、来年5月までに都心型航空交通の細部計画をまとめたロードマップを策定して段階的に推進する計画だ。官民が保有している航空安全関連データを統合収集してビッグデータ分析を通じて安全管理システムを構築し、ドローンテロ防止システムも強化することにした。

スマート空港水準も高め、今後5年間で生体認識・AI(人工知能)に基づく搭乗手続と保安検査、手荷物処理などを取り入れていく計画だ。これまで制度圏の外にあった整備、地上操業、部品・機械装備・空港運営装備製造業、食飲料など各種派生・関連事業活動も航空産業の概念に含めて支援体系を構築していく。

併行して空港を単純交通網から地域新産業育成基地に切り替え、航空需要の増加にともなう各種障害や安全・保安脅威に対応し、ビッグデータとAIを基盤とした保安管理体系を構築する方案も推進される。

国土交通部の権容復(クォン・ヨンボク)航空政策室長は「今回の第3次計画では数年以内に表面化する都心型航空モビリティー(UAM)商用化に向けた下地作りなど、未来航空交通の新たな1ページを提示し、航空産業が観光・製作・物流・サービスなどと連繋した総合ネットワーク産業として成長していくよう力点を置いた」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年12月31日 15:23
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
ソウル市の人口が1千万人以下に
ピクサー、韓国おばあさん主題アニメ
APRIL「メンバー間いじめ」論争
オリンピック公園にKPOPスタジオ
新規コロナ感染者数444人
アストラゼネカ 高齢者への接種検討
「ザ現代ソウル」に瑞典SPA1号店
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]