韓国旅行「コネスト」 19年の消費者物価上昇率が過去最低0.4% 12月は0.7%。韓国の経済ニュース
KONEST

19年の消費者物価上昇率が過去最低0.4% 12月は0.7%

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【世宗聯合ニュース】韓国の統計庁が31日発表した消費者物価動向によると、2019年の消費者物価指数は前年比0.4%上昇した。統計を取り始めた1965年以降、最低の伸び率となった。ただ、12月の上昇率は前年同月比0.7%と半年ぶりの高水準で、底入れの兆しが見える。

年間の消費者物価上昇率が1%を切るのは、2015年(0.7%)以来。ほかには1999年(0.8%)だけだ。

 今年が過去最低を記録したことについて、統計庁は石油類と農畜水産物の価格下落を要因に挙げた。石油類の物価上昇率はマイナス5.7%で、物価全体を0.26ポイント押し下げた。農畜水産物もマイナス1.7%。前年にはそれぞれ6.8%と3.7%上がっていた。

 また、物価の長期的な流れを示すコア指数(農産物とエネルギーを除く)の上昇率は0.9%で、1999年(0.3%)以来の低水準にとどまった。

 生鮮食品の物価指数は5.1%下がり、2014年(マイナス9.3%)以来の大幅下落となった。

 生活実感に近い生活物価指数は0.2%上昇。1995年以来の低さだった。

 一方、月別でみると、12月の消費者物価指数は前年同月比0.7%上昇した。9月に統計上初めて下落(マイナス0.4%)を記録した後、10月は横ばい、11月は4カ月ぶりの上昇(0.2%)に転じた。続く12月は伸び率が拡大した。

 統計庁の担当課長は、農畜水産物や石油類の価格下落の影響がなくなれば来年の上昇率は今年より大きくなるとの見方を示しながら、「デフレはさほど懸念していない」と述べた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年12月31日 10:33

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国語能力試験の志願者数が過去最多
解散の元X1メンバー、ファンミ開催
カンジャンケジャンの悲しい詩とは?
麟蹄ワカサギ祭り、18日から開催
韓流イベントKCON、幕張メッセで
政府「北朝鮮個人旅行」前向きに検討
韓国野球、世界ランキング3位を維持
シム・ウンギョン、日本で主演女優賞
地下鉄9号線の運行体系変更
外国人客対象のコリアグランドセール
週間アクセスランキング
地下鉄9号線の運行体系変更
20.01.16
シム・ウンギョン、日本で主演女...
20.01.17
EXOチェン、結婚と相手の妊娠発表
20.01.13
カンジャンケジャンの悲しい詩と...
20.01.17
女優ソン・ソンミが訴訟2審でも...
20.01.15
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]