韓国旅行「コネスト」 19年の消費者物価上昇率が過去最低0.4% 12月は0.7%。韓国の経済ニュース
KONEST

19年の消費者物価上昇率が過去最低0.4% 12月は0.7%

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【世宗聯合ニュース】韓国の統計庁が31日発表した消費者物価動向によると、2019年の消費者物価指数は前年比0.4%上昇した。統計を取り始めた1965年以降、最低の伸び率となった。ただ、12月の上昇率は前年同月比0.7%と半年ぶりの高水準で、底入れの兆しが見える。

年間の消費者物価上昇率が1%を切るのは、2015年(0.7%)以来。ほかには1999年(0.8%)だけだ。

 今年が過去最低を記録したことについて、統計庁は石油類と農畜水産物の価格下落を要因に挙げた。石油類の物価上昇率はマイナス5.7%で、物価全体を0.26ポイント押し下げた。農畜水産物もマイナス1.7%。前年にはそれぞれ6.8%と3.7%上がっていた。

 また、物価の長期的な流れを示すコア指数(農産物とエネルギーを除く)の上昇率は0.9%で、1999年(0.3%)以来の低水準にとどまった。

 生鮮食品の物価指数は5.1%下がり、2014年(マイナス9.3%)以来の大幅下落となった。

 生活実感に近い生活物価指数は0.2%上昇。1995年以来の低さだった。

 一方、月別でみると、12月の消費者物価指数は前年同月比0.7%上昇した。9月に統計上初めて下落(マイナス0.4%)を記録した後、10月は横ばい、11月は4カ月ぶりの上昇(0.2%)に転じた。続く12月は伸び率が拡大した。

 統計庁の担当課長は、農畜水産物や石油類の価格下落の影響がなくなれば来年の上昇率は今年より大きくなるとの見方を示しながら、「デフレはさほど懸念していない」と述べた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年12月31日 10:33
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
韓国の新規コロナ感染者735人
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
イ・ボヨン主演ドラマ5月にスタート
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]